CD 輸入盤

ドイツ・レクィエム シューリヒト&フランス国立放送管弦楽団(1955)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT207
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

他の同演異盤に比べ圧倒的音質差!
シューリヒトを代表する『ドイツ・レクィエム』


シューリヒト ライヴ・コレクション第3弾
全てフランス国立視聴覚研究所提供のオリジナルテープより復刻

「シューリヒトの最も聴きごたえのある『ドイツ・レクイエム』がここに復刻されたのは、非常に喜ばしいことである。このディスクはオリジナル・マスターを使用した最初のCDである。合唱も実に精力的で渾身の力を込めて歌っているのもはっきり聴きとれる。」(平林直哉)

【収録情報】
・ブラームス:ドイツ・レクィエム

 エルフリーデ・トレッチェル(ソプラノ)
 ハインツ・レーフス(バス)
 フランス国立放送合唱団
 フランス国立放送管弦楽団
 カール・シューリヒト(指揮)

 録音時期:1955年2月10日
 録音場所:パリ
 録音方式:モノラル(ライヴ)

 日本語解説書付
 CDは国内プレスとなります。

内容詳細

癖の強いフランスの演奏家たちを従えて、ここまで「ドイツ・レクイエム」を演じ切ったシューリヒトの演奏家としての力量と音楽性の高さにあらためて心打たれる思いがする。ロマンというより近・現代的に明晰なトーンが貫く演奏を聴けば、1955年モノラル・ライヴという音質も天上の響きと化す。(田)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
以前からシューリヒトの、あるいは「ドイツ...

投稿日:2011/07/27 (水)

以前からシューリヒトの、あるいは「ドイツ・レクイエム」のすべてのレコード中で最も感動的な演奏、と思っていたのですが、「録音が悪い」のひと言で片付けられ残念に思っていたものです。今回はオリジナルテープからのCD化で、既発盤を遥かに上回る音質です。今回発売された一連のORTFとの録音の中でも、加工感がほとんどない「素」に近い音であるという点で、一番好ましく感じました。シューリヒトが声楽を扱うと本当に感動的な演奏を生み出すのですが、このドイツ・レクイエムはその頂点ともいえる記録で、シューリヒト・ファンのみならずこの曲が好きな方にはぜひお勧めしたい名演・名盤かと思います。

Theta さん | AUSTRALIA | 不明

0
★
★
★
★
★
シューリヒトはブラームスを得意としており...

投稿日:2011/07/19 (火)

シューリヒトはブラームスを得意としており、交響曲をはじめドイツ・レクイエムなども数多く演奏・録音しているが、とりわけドイツ・レクイエムについては、北ドイツ放送交響楽団との演奏(1955年)、シュトゥットガルト放送交響楽団との演奏(1959年)、そして、本演奏と同一のフランス国立放送管弦楽団との演奏(1955年)がいずれも劣悪なモノラル録音であり、鑑賞に耐え得るものがなかったと言える。とりわけ、本盤におさめられた演奏については数年前にArchipelレーベルから既に発売されてはいるが、オリジナル・マスターを使用したものではなかったこともあって、前述のようにとても満足できる音質とは言い難いものであった。ところが本盤は、史上はじめてオリジナル・マスターを使用したことによって、従来盤とは次元の異なる見違えるような良好な音質(と言っても最新録音とは到底比較にならないが)に生まれ変わったところであり、これによって、これまで曖昧模糊としてよく聴き取れなかったシューリヒトの解釈を明瞭に味わうことができるようになった意義は極めて大きいものと言わざるを得ない。そして演奏も素晴らしい。おそらくは数あるシューリヒトによるドイツ・レクイエムの中でも随一の名演と言っても過言ではあるまい。同曲はレクイエムでもあり、今般、同時に発売された交響曲第1番や第4番とは異なり、基本的には荘重なインテンポを基調としてはいるが、演奏の随所に漲っている気迫と力強い生命力は、切れば血が出てくるような熱い情熱に裏打ちされていると言える。静謐さを基調とする同曲ではあるが、第2楽章の中間部など劇的な箇所も散見されるところであり、ここぞという時の強靭さには渾身の迫力が漲っていると言える。こうしたシューリヒトの熱き情熱を抱いた渾身の指揮の下、フランス国立放送合唱団やフランス国立放送管弦楽団も最高のパフォーマンスを発揮していると評価したい。既発CDではよく聴きとることができなかった当該合唱団による渾身の合唱も、本CDでは明瞭に聴き取ることができるのも見事である。また、ソプラノのエルフリーデ・トレッチェルやバスのハインツ・レーフスも、素晴らしい名唱を披露していると言える。録音は1955年のライヴ録音でありモノラルではあるが、前述のようにオリジナル・マスターからの初CD化であり、既発CDとは次元の異なる聴きやすい音質に仕上がっていると言える。シューリヒトによる至高の名演をこのような比較的良好な音質で味わうことができるのを大いに喜びたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト