SACD

ドイツ・レクィエム カラヤン&ウィーン・フィル、シュヴァルツコップ、ホッター

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS12698
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

ブラームス:ドイツ・レクィエム
カラヤン&ウィーン・フィル、シュヴァルツコップ、ホッター


カラヤン没後25年記念発売盤SACD
アビイ・ロード・スタジオによる新リマスター使用
国内企画盤

『ドイツ・レクィエム』の世界初全曲録音。ソリスト、合唱、オーケストラと当時の理想のキャスティングで実現した名録音。(Warner Classics)

【収録情報】
・ブラームス:ドイツ・レクィエム op.45

 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
 ハンス・ホッター(バス・バリトン)
 ウィーン楽友協会合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1947年10月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(セッション)
 SACD Hybrid
 歌詞対訳付


【カラヤン没後25年記念発売盤:SACD20タイトル】
世紀の大人気指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの没後25年の年にお届けするカラヤン芸術の精華。
全て最新リマスター音源によりその豊麗な世界が更に輝きをまして登場!!
リマスター音源のメリットを最大限追及する高音質アイテムとして登場するSACD-ハイブリッド盤シリーズ。(Warner Classics)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品