SHM-CD

クラリネット・ソナタ第1番、第2番、クラリネット三重奏曲 ライスター、デムス、ヴァーシャリ、ボルヴィツキー

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG6081
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

管楽レジェンド 名匠名盤
ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番、第2番、クラリネット三重奏曲
ライスター、デムス、ヴァーシャリ、ボルヴィツキー


日本にも大変馴染みの深いクラリネットの名手ライスターによるブラームス作品集です。ブラームス晩年のこれらのソナタは情熱や諦観が洗練された筆致によって表現され、枯淡の境地が美しく反映されています。クラリネットという楽器の魅力が堪能できる名演奏です。(UNIVERSAL MUSIC)

【収録情報】
ブラームス:
1. クラリネット・ソナタ第1番ヘ短調 op.120-1
2. クラリネット・ソナタ第2番変ホ長調 op.120-2
3. クラリネット三重奏曲イ短調 op.114

 カール・ライスター(クラリネット)
 イェルク・デムス(ピアノ:1,2)
 タマーシュ・ヴァーシャリ(ピアノ:3)
 オトマール・ボルヴィツキー(チェロ:3)

 録音時期:1968年7月,8月(1,2)、1981年11月(3)
 録音場所:ベルリン
 録音方式:ステレオ(アナログ:1,2 デジタル:3/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング


【管楽レジェンド 名匠名盤】
楽器の限界とその表現領域を拡げ、数々の委嘱作品や献呈作品でレパートリーの拡大にも貢献する天才ソリスト、名門オーケストラに所属しながら二足の草鞋でソロ・室内楽活動もこなす人気プレーヤー。ピアノやヴァイオリンに比べて脚光のあたることが多くはない管楽器ですが、スター・プレーヤーも数多く活躍し根強い人気があることもまた事実です。音色の魅力や名人芸がたっぷり詰まった、そんな管楽器の名曲・名演・名盤を発掘するシリーズです。(UNIVERSAL MUSIC)

内容詳細

長らくBPOのクラリネットのトップを務めたライスターによるブラームス。ソナタ第1、2番はライスター31歳時、1968年の録音で、澄み切ったロマンが漂う秀演。81年録音の三重奏曲は深みのある円熟の演奏だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この3曲、若い頃は敬遠していましたが、人...

投稿日:2014/06/26 (木)

この3曲、若い頃は敬遠していましたが、人生の秋が深まるにつれ、心に安らぎを覚えます。演奏は文句ないです。

サインバルタ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品