Hi Quality CD

【中古:盤質B】 交響曲全集 ラトル&ベルリン・フィル(3CD+2DVD)HQCD仕様

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
帯なし,ケースすれ
コメント
:
3CD(HQCD)+2DVD
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
TOCE90097
日本
フォーマット
Hi Quality CD

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ラトル&ベルリン・フィル/ブラームス:交響曲全集
日本盤のみ、交響曲全曲演奏映像とラトルのコメント映像を約187分収録したDVD2枚付き!
さらに日本盤は、HQCD仕様で、日本独占インタビューも掲載!


1番と2番の見本を聴きましたが、世界最高の性能を持つオーケストラが久々に放つ重厚無比なドイツ的サウンドによるスゴイ演奏に圧倒されました。『ドイツ・レクィエム』とは大きく異なる分厚くパワフルな響きは、ラトルがDGに録音した同じブラームスのピアノ協奏曲第1番の轟音を彷彿とさせるほど。しかも、こちらでは、ライヴならではのノリの良さや怒涛の進撃から、名ソリストたちがたっぷりと聴かせる繊細で色彩豊かなソロの美しさまで完璧に再現されているのです。EMIの録音の方針が変わったのでしょうか。
 ともかく、そうしたサウンド傾向もあってか、ブラームスの込み入ったテクスチュアを、対向配置の弦楽をベースに立体感豊かに織り上げるオーケストラの共同作業は目を見張るばかりの素晴らしさで、これにラトルが自在で表現力に富むテンポ、バランス、デュナーミクを投影するのですからその情報量はまさに膨大。
 最近、ベルリン・フィルは、ラトルとの契約を6年間延長して2018年までとする発表をおこなったばかりですが、このブラームスは、そうした両者の関係の良さを裏付ける演奏であり、録音であるといえるのではないでしょうか。久々に満腹になるブラームスの登場です。
 なお、オマケのDVDはなんと2枚組で、交響曲全曲演奏映像とラトルのコメント映像を計180分収録しているという強力なものです。ベルリン・フィルのスター・プレイヤーたちを映像で確認できる贅沢きわまりない「オマケ」です。

【収録情報】
ヨハネス・ブラームス:交響曲全曲
・交響曲第1番ハ短調 op.68
・交響曲第2番ニ長調 op.73
・交響曲第3番ヘ長調 op.90
・交響曲第4番ホ短調 op.98
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 サイモン・ラトル(指揮)

 録音時期:2008年10月29日〜11月14日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第1楽章 ウン・ポコ・ソステヌート-アレグロ-メノ・アレグロ
  • 02. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第2楽章 アンダンテ・ソステヌート
  • 03. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第3楽章 ウン・ポコ・アレグレット・エ・グラツィオーソ
  • 04. 交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第4楽章 フィナーレ: アダージョ-ピウ・アンダンテ-アレグロ・ノン・トロッポ、マ・コン・ブリオ-ピウ・アレグロ

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 第1楽章: アレグロ・ノン・トロッポ
  • 02. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 第2楽章: アダージョ・ノン・トロッポ
  • 03. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 第3楽章: アレグレット・グラツィオーソ(クアジ・アンダンティーノ)
  • 04. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 第4楽章: アレグロ・コン・スピーリト
  • 05. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 第1楽章: アレグロ・コン・ブリオ
  • 06. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 第2楽章: アンダンテ
  • 07. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 第3楽章: ポコ・アレグレット
  • 08. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 第4楽章: アレグロ

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
30
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いい意味で期待を裏切られました。バランス...

投稿日:2017/06/11 (日)

いい意味で期待を裏切られました。バランスが取れており、安心して聴くことができます。他の方もおっしゃっていますが、第2番が特に優れており、いままであまり好みではなかった第2番を初めて楽しむことができました。

Arthur さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
この演奏は素晴らしい。工夫は凝らしてある...

投稿日:2013/02/13 (水)

この演奏は素晴らしい。工夫は凝らしてあるけれど基本的にストレートで真っ当に聴こえるようにしている。万人の描くブラームスのイメージから離れていることが無い。この全集が特に良いのが、4曲ともそれぞれ個性的な交響曲だと改めて分かったこと。やっぱりラトルは曲の書き分けが上手い。前世紀の巨匠の演奏もいいけど、指揮者の個性のせいで4曲とも同じように聞こえることが多かったから、EMIとは思えないほどの録音の良さも手伝って人にファーストチョイスとして勧められる演奏だと思う。 4曲ともに個性的なことはいいけれど、1番が少し感銘度?が落ちる。やっぱり1番は他の3曲と決定的に違う要素が含まれている。何せこの曲だけブラームスの作曲の期間もメチャメチャ長いし、さすがのラトルも柔軟に対応するのが難しかったか?それにこの曲だけはホルンが正直あまり良いと思えなかった。奏者が他と違うのだろう。ちょっと文句は言ったけど、4曲全てがこんなに高レベルの全集はなかなか無い!

音楽ばか。 さん | 北海道 | 不明

4
★
★
★
★
★
ラトル自身も満を持してのチャレンジなので...

投稿日:2013/01/25 (金)

ラトル自身も満を持してのチャレンジなのであろう。ブラームスを世に問う格好の楽器を手にしてやっと取り組んだのだろうか? 数々の名演を記録してきた名うての楽団をドライブして過去の全集と比べても特筆できる作品となった。  スリムな線の細い演奏を予想していたが、見事に裏切られた。テンポも思ったよりスロー(チャカチャカ早いわけではないという意味でのスロー)カラヤン時代の戦車のような重厚さには及ばないがどのパートも鳴らしまくっており、聴いていても心地いい。個々のパートがここぞというところで主張するが全体を通すと嫌味にならない。古色蒼然のブラームスとは少し違う、でも斬新ギラギラなブラームスではないので安心。4曲の中では第3番が一番気に入っている。第1楽章からとても伸びやかで堂々としている。歌うところはしっかり歌う。第3楽章のPoco Allegrettoも「泣ける」演奏ではないがちょっぴり憂愁を含ませて上品。   特典でDVD(こちらも見応えがあるおまけ。全集を2セット買ったようなお得感がある。特筆すべきは安永さんが第1番のコンマスで第2楽章のソロも担当。退任前の素晴らしい仕事に拍手。)がついているのにつられて発売直後に購入したが今でも聴くたびにベルリン・フィルのメンバーによるソロはもちろん、合奏時にも垣間見える主張から「あ、この音の塊の中に、こんな音が含まれていたんだ」と嬉しい発見をすることがある。今後もじっくり付き合っていきたい・・・。

うーつん さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品