CD 輸入盤

【中古:盤質B】 ピアノ五重奏曲 ポリーニ、イタリア四重奏団

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
B
特記事項
:
コメント
:
ジャケットやけあり
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4196732
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブラームス:ピアノ五重奏曲へ短調作品34
ポリーニ(p)イタリア四重奏団

1979年ステレオ録音。中身のぎっしり詰まったブラームスの名作を、磨きぬかれたサウンドと完璧に制御されたカンタービレによって雄弁に再現した名盤中の名盤。発売当初からこの作品最高の演奏と言われつづけ、20年経った現在でもその人気にまったくかげりがないのはさすがです。

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
LP末期の名盤。まばゆいばかりの引き締まっ...

投稿日:2012/05/03 (木)

LP末期の名盤。まばゆいばかりの引き締まったアンサンブルとサウンドは今でもこの曲の代表的名盤の地位を保っている。ベテラン四重奏団を壮年の名ピアニストがリードして自分の世界に引き込んでいるように感じるのは誤解だろうか。確かなテクニックと明晰な音楽づくりがこの交響曲のような重厚な作品をまとめあげている。ブラームスの青春の苦悩や焦りが色濃い曲だが、ポリーニらしく暗鬱さや激情、ロマン的幻想性は追い求めず、曲の構成や重厚な響きを尊重した上で、比較的カラリと仕上げている。両端楽章はとにかく緊密なアンサンブルと個人技に圧倒される。古くはゼルキンとブッシュQ、ゼルキンやカーゾン、セルとブダペストQ、リヒテルとボロディンQ、ハスキルとヴィンタートールQ、グールドとモントリオールQなど、新しめのものでシフやラーンキ、グリモーなど様々な録音があるが、これらの個性的名盤に勝るとも劣らない一枚だ。この曲の音源を一つしか選べないとしたら、色々迷った挙句、このポリーニとイタリアQの演奏を選ぶだろうし、人にも薦めるだろう。

eroicka さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
私はあまり室内楽を好まないのですが、グリ...

投稿日:2010/12/11 (土)

私はあまり室内楽を好まないのですが、グリーグのチェロソナタとブラームスのピアノ五重奏曲の二曲については別格。特にブラームスの第3楽章に飽きがこない魅力を感じます。このポリーニ&イタリア四重奏団の演奏は素敵です。プロというより神の領域です。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
★
ポリーニのピアノが主導権をとっていますが...

投稿日:2008/10/26 (日)

ポリーニのピアノが主導権をとっていますが、弦とのバランスの悪さは感じません。ピアノ・弦とも明るめの伸びやかな音色で、ブラームス特有の渋みのある重厚さや憂いよりも、若々しい情熱の奔流を感じます。憂愁の旋律が支配している曲なのですが、この演奏にはなぜか透き通った明るさやすがすがしさがあるのが不思議。ゼルキン&ブタペストSQの演奏はまさにブラームスそのものですが、このCDは全く違った味わいのブラームスを聴くことができます。

yoshimi さん | Osaka | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品