CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ピアノ協奏曲第1番、第2番 グリモー、ネルソンス&バイエルン放送響、ウィーン・フィル(2CD)

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
コメント
:
2枚組
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
4791058
レーベル
Dg
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)


ブラームス:ピアノ協奏曲第1番&2番
エレーヌ・グリモー得意のブラームス!
指揮はアンドリス・ネルソンス
第1番がバイエルン放送響、第2番がウィーン・フィルとの共演!


近年グリモーは集中的にブラームスのピアノ協奏曲に取り組んでおり、2013年1月には来日してN響と協奏曲第2番の見事な演奏を披露して話題ともなりました。レコーディングでは、1997年にザンデルリング指揮シュターツカペレ・ベルリンと共演して重厚でロマン的な味わいの演奏を聴かせていたので、今回は待望の録音の登場ということになります。
 第1番は50分41秒と、かつてのザンデルリング盤の49分21秒よりもわずかに遅めの演奏となっており、さらに第2番も50分超えのじっくり型ということで、グリモーのブラームスにかける思いが伝わってきそうです。(HMV)

【収録情報】
・ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 バイエルン放送交響楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2012年4月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 プロデューサー:ヴィルヘルム・マイスター
 エンジニア:ペーター・ウルバン

・ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 作品83

 エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 アンドリス・ネルソンス(指揮)

 録音時期:2012年11月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(デジタル)
 プロデューサー:シド・マクラクラン
 エンジニア:シュテファン・フロック

収録曲   

  • 01. Maestoso - Poco piu moderato
  • 02. Adagio
  • 03. Rondo (Allegro non troppo)
  • 04. Allegro non troppo
  • 05. Allegro appassionato
  • 06. Andante - Piu adagio
  • 07. Allegretto grazioso - Un poco piu presto

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品