CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 ドイツ・レクィエム クーベリック&バイエルン放送響&合唱団、マティス、ブレンデル 

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
AU95492
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

クーベリックのドイツ・レクイエム 

マティス(S)、ブレンデル(Br) 
クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団&合唱団 

1978年9月28日ライヴ録音(ステレオ)。ちょっとこれ以上の『ドイツ・レクイエム』は考えられないと思えるほどの演奏。第6曲など凄い迫力で、「実演のクーベリック」ならではの力強さに圧倒されます。第3曲の終結も豊かなオケの低音が印象的です。第7曲も、第6曲の壮絶さを受け継ぎ、うねるような壮大さがたまりません。
 マティス、ブレンデルと独唱者にも恵まれ、オケ、コーラスとも素晴らしい熱演。音質も大変に良好です。

・ブラームス:ドイツ・レクイエム

 エディト・マティス(S)
 ヴォルフガング・ブレンデル(Br)

 バイエルン放送交響楽団&合唱団
 ラファエル・クーベリック(指揮)

 録音:1978年9月28日 ミュンヘン、ヘルクレスザール[ステレオ]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
期待通りの名演でありましょう。オケ、声楽...

投稿日:2012/03/14 (水)

期待通りの名演でありましょう。オケ、声楽とも、仕上がりは極上。全編美しさの限りで、しかし弛みのない、クーベリックならではの見事な統率のとれたすばらしい演奏です。ぜいたくな不満を申せば、やはりいささか「美」に傾斜して「痛み」「悼み」の感情がちょっと希薄かなあという気もしてしまいます。ま、でもそれはそれでいいのでしょう。壮大さで聴く者を圧倒するタイプではなく、素直に向かい合う時に安らぎと喜びを与えてくれる、そんな感じでしょうか。録音も極上で、何の不満もなし。立派な演奏であります。大いに推薦。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
「絶美」のドイツレクイエムである。オケ、...

投稿日:2009/02/14 (土)

「絶美」のドイツレクイエムである。オケ、合唱、独唱共に絶妙のバランスで、正に三拍子揃った名演である。凡てのフレーズが息づき、歌っている。力瘤は入っていないのに、どっしりと安定感がある。金管の砲口ひとつとっても音楽的であるし、木管の清涼な響きがまた格別。録音がまた完璧だ。「『超』最高」だと思う。

七海耀 さん | さいたま市 | 不明

1
★
★
★
★
★
これが本当にライブ録音なのか!?完璧です...

投稿日:2007/02/12 (月)

これが本当にライブ録音なのか!?完璧です。オケと同等に聴こえてくるオルガンの透徹した響きもすばらしいし、合唱団もバラつきがなく、正に三位一体の名演奏、名録音!(もちろんソロも最高!)第6、第7楽章などは、音楽を聴く喜びを素直に感じ、ニコニコしながら聴いてしまいます。

盤捨印 さん | 明石市 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品