CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ピアノ協奏曲第1番、第2番 エミール・ギレリス、オイゲン・ヨッフム&ベルリン・フィル(2CD)

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
2CD
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
447446
レーベル
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ギレリス&ヨッフム / ブラームス:ピアノ協奏曲第1番、第2番 

ブラームスのピアノ協奏曲は、オーケストラが重要な役割を果たす場面が連続する作品で、それだけに指揮者とオケには、まるで交響曲のような演奏のグレードが求められるため、これまで名盤といわれてきたものの多くが、有名オケと指揮者によるものだったのも頷けるところです。
 そうした名盤群の中でも最も立派とされてきたのが、このギレリスとヨッフム指揮ベルリン・フィルによる演奏で、パワフルなピアノと、オーケストラの壮大な演奏が、図抜けた存在感を示していたものでした。1972年にベルリンのイエス・キリスト教会で録音されたこれらの協奏曲は、この教会での録音ならではの野太い音質も功を奏し、きわめて重厚なサウンドがリスニング・ルームを埋め尽くしてくれます。
 組み合わせはブラームス晩年のピアノ曲で、こちらではギレリスがしっとりした演奏を聴かせています。

ブラームス:
・ピアノ協奏曲第1番ニ短調 op.15
・ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.83
・幻想曲集 op.116

 エミール・ギレリス(p)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 
 オイゲン・ヨッフム(指揮) 

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 1 d-moll Op. 15: Maestoso - J. Brahms
  • 02. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 1 d-moll Op. 15: Adagio - J. Brahms
  • 03. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 1 d-moll Op. 15: Rondo. Allegro non troppo - J. Brahms

ディスク   2

  • 01. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 2 B-Dur Op. 83: Allegro non troppo
  • 02. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 2 B-Dur Op. 83: Allegro appassionato
  • 03. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 2 B-Dur Op. 83: Andante
  • 04. Konzert fur Klavier und Orchester Nr. 2 B-Dur Op. 83: Allegretto grazioso
  • 05. Fantasien Op. 116: No. 1 Capriccio: Presto energico
  • 06. Fantasien Op. 116: No. 2 Intermezzo: Andante
  • 07. Fantasien Op. 116: No. 3 Capriccio: Allegro passionato
  • 08. Fantasien Op. 116: No. 4 Intermezzo: Adagio
  • 09. Fantasien Op. 116: No. 5 Intermezzo: Andante con grazia ed intimissimo sentimento
  • 10. Fantasien Op. 116: No. 6 Intermezzo: Andantino teneramente
  • 11. Fantasien Op. 116: No. 7 Capriccio: Allegro agitato

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
25
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブラームスのピアノ協奏曲はポリーニ&アバ...

投稿日:2017/11/03 (金)

ブラームスのピアノ協奏曲はポリーニ&アバド、ブレンデル&アバドを愛聴してきた。 もっと気骨のある演奏が聴きたいと思いこの1番・2番の二枚組を3年前ぐらいに購入したものの、めぐりあわせが悪く最近やっと聴きだした。 骨太のピアノとベルリンフィルの完璧なアンサンブルは素晴らしい。 このCDと同時期にヨッフムはドレスデン国立管弦楽団とブルックナーの全集をEMIに入れている。 いまさらだが、70年代初頭は4チャンネルが登場し、レコード会社の多くがマトリックス式を採用し録音していた中、DGが旧来の2チャンネルでしっかりと音源を残してきたことが良く分かる。 EMIクラシックスは大罪を犯してきたと思う。 このブラームス、やや音は痩せているものの音場がしっかりと再現されている。一方でドレスデンのブルックナー、霞がかかったような曖昧模糊な音でとても同じ時代の録音とは思えない。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
天下の名盤といわれるので、ずっと聴きつづ...

投稿日:2016/05/06 (金)

天下の名盤といわれるので、ずっと聴きつづけているが、いまだにこの演奏のよさがいまひとつわからない。オケやピアノの力量のすごいことはわかる。でも、こういうふうにやらなくても、ブラームスの圧倒的な凄さを現せるのではないかとついおもってしまうのだ。

くまたろ さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ギレリスのすごさが如実に味わえる。ただた...

投稿日:2015/05/25 (月)

ギレリスのすごさが如実に味わえる。ただただうっとり。さらにヨッフムとベルリン・フィルが絶妙なアンサンブルで、素晴らしいブラームスを奏でている。後世に残る名盤だと思う。

古渡 弁蔵 さん | 北海道 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品