CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ピアノ協奏曲第2番、ソナタ第1番 リヒテル(ピアノ)ラインスドルフ&シカゴ交響楽団

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
60860
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ブラームス:
・ピアノ協奏曲第2番(1960年ステレオ録音)
・ピアノ・ソナタ第1番(1988年デジタル録音)
 スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 シカゴ交響楽団
 エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)
 24bit/96kリマスター

収録曲   

  • 01. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 83
  • 02. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 83
  • 03. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 83
  • 04. Concerto for Piano no 2 in B flat major, Op. 83
  • 05. Sonata for Piano no 1 in C major, Op. 1
  • 06. Sonata for Piano no 1 in C major, Op. 1
  • 07. Sonata for Piano no 1 in C major, Op. 1
  • 08. Sonata for Piano no 1 in C major, Op. 1

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ラインスドルフは米国でプロの音楽家として...

投稿日:2014/04/29 (火)

ラインスドルフは米国でプロの音楽家として生涯の大半を過ごした人ではあるが、もとはオーストリアに生まれ、そこで音楽を修業しキャリアの基礎を形成した人である。だから、彼が亡くなった時は祖国オーストリアでは自国出身の優れた音楽家として大きく報じられもしたのである。また、シカゴは独逸系の移民、あるいはその子孫の多い都市であり、戦後、フルベンがシカゴ交響楽団に招聘され物議を起した背景にはそういうことも関係があったとも聞く。こういう事実を踏まえる時、このリヒテルのブラームスの伴奏を、どうしてドイツ系フランス系の指揮者で独逸系のオーケストラにするべきだった、等と言えるのであろうか。何故か我国では往々にして、米国に活動基盤を置いた指揮者は欧州系、特に独墺系の指揮者に比べて、音色や合奏の精緻さ等では優れてはいるが、音楽の精神的?な面での表現は一歩も二歩も譲るかのような評価される傾向がある。そして、このことと裏腹の関係で、米国のオーケストラは外面的な効果に優れるが精神的な深さには欠けるとでも言いたげな評価も良く見られるのである。困ったものである。かって米国で活躍した指揮者の多くは、ラインスドルフに限らずセルもライナーもオーマンディ等もそうであるが、中東欧に生まれ独墺圏で音楽修業した人達だったのである。米国のオーケストラにしても欧州のオーケストラに劣らぬ歴史を有しており、また楽団員にしてもかっては欧州出身が非常に多かったのである。我国では、音楽に関しては、独○、仏英△、米×、日本?というような評価が底流としてずっと流れているような気がする。いい加減にしてもらいたいものである。このブラームス、リヒテルはラインスドルフに不満はあったかもしれないが、私はラインスドルフに対して何の不満もない。これで十分である。もちろんリヒテルにも不満はない。リヒテルは非常に繊細な表現もするが、豪放強靭な響きも一杯醸し出す人である。私には、この演奏において、どこでラインスドルフがリヒテルの繊細な表現を邪魔したのかさっぱりわからない。

タテキ32 さん | 大阪府 | 不明

6
★
★
★
★
☆
ラインスドルフがリヒテルに歩み寄り遅いテ...

投稿日:2014/04/12 (土)

ラインスドルフがリヒテルに歩み寄り遅いテンポでじっくりと演奏していく。ギレリスとライナーの名盤同様締まったCSOのサウンドがゴージャスだ。ただ、その外面的華やかさで、リヒテルの繊細な持ち味が薄れた面も否めない。RCAは鉄のカーテンから来たソ連のスーパーヴィルトオーゾとして売り出したかったからだろう。ギレリス盤では当時の首席奏者シュタルケルがチェロ独奏だったがこの盤はLamarchinaという首席奏者が弾いている。しかし、後年のマゼール盤にも思うのだが、リヒテルの繊細さをもっと活かすなら、ドイツ系やフランス系の堅実な指揮者と独墺系のオケとの共演という選択肢がなかったか。そこが実に惜しい。

eroicka さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
 リヒテルは後年、マゼールとも録音してい...

投稿日:2011/07/27 (水)

 リヒテルは後年、マゼールとも録音していますが、この1960年のラインスドルフとの録音のときの方が格段にすばらしいと思う。この頃がリヒテルの絶頂期。表現が生き生きとして、詩的で、打鍵の切れもよく迫力もある。ラインスドルフの指揮もピアノと対話するように堂々としたもので、感動的な演奏を繰り広げています。ブラームスのピアノ協奏曲第2番の録音の中で最も魅力的な演奏のひとつと言えます。録音(ステレオ録音)も実在感のあるしっかりした録音です。 

WE555 さん | 愛知県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品