CD 輸入盤

【中古:盤質A】 ピアノ三重奏曲全集 カプソン兄弟、アンゲリッシュ(2CD)

ブラームス(1833-1897)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
2枚組み
コメント
:
美品
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
5456532
レーベル
USA
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

カプソン兄弟、アンゲリッシュ/ブラームス:ピアノ三重奏曲全集

フランスを代表するアーティストによるブラームスの叙情を湛えた室内楽の醍醐味。

【収録情報】
Disc1
ブラームス:
・ピアノ三重奏曲第1番ロ長調 op.8
・ピアノ三重奏曲第2番ハ長調 op.87
Disc2
・ピアノ三重奏曲第3番ハ短調 op.101

 ルノー・カプソン(ヴァイオリン)
 ゴーティエ・カプソンチェロ)
 ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)

 録音時期:2003年12月
 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I Allegro Con Brio
  • 02. II Scherzo (Allegro Molto)
  • 03. III Adagio
  • 04. IV Allegro
  • 05. I Allegro
  • 06. II Andante Con Moto
  • 07. III Scherzo (Presto)
  • 08. IV Finale (Allegro Giocoso)

ディスク   2

  • 01. I Allegro Energico
  • 02. II Presto Non Assai
  • 03. III Andante Grazioso
  • 04. IV Allegro Molto

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ブラームスのトリオをあまり聴かない 魅力...

投稿日:2018/07/17 (火)

ブラームスのトリオをあまり聴かない 魅力ある楽想が次々に登場する愉しみは感じながらも その書法が気に障る 三つの楽器と云う究極の編成であるにも拘わらず ユニゾンが多用されている 特に気になるのが弦楽器VnとVcが重なっていることが多く これではピアノとのDuoに等しい 三体しかない楽器それぞれが独立して動けばもっと変化に富んだ音楽が生まれるのにと考えてしまう 当然色彩感や変化に乏しい風情となる 一つの歌を斉唱しているかのようだ いや それこそブラームスの狙いであってそれこそが楽曲の魅力なのだと言われてしまえば返す言葉がない 好きな人には堪らない味わいがあると想像する カプソン兄弟&アンゲリッシュの美しい演奏は 多くのブラームス・ファンを喜ばせることだろう わたしは仕事の気繋ぎに家具の音楽として聞くだろうけれど

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブラームスのトリオは多々あるけれどこれほ...

投稿日:2004/04/18 (日)

ブラームスのトリオは多々あるけれどこれほど新鮮で、躍動感あふれる演奏は滅多にあるものではない。もうわくわくしてしまいます・

kame さん | tokyo | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品