ブラウンフェルス(1882-1954)

ブラウンフェルス(1882-1954) プロフィール

ブラウンフェルス(1882-1954) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ヴァルター・ブラウンフェルスWalter Braunfels, 1882年12月19日 ? 1954年3月19日)はドイツの作曲家・ピアニスト。フランクフルト出身。父親は文学者・翻訳家として有名で、母親は祖父(または大おじ)がルイ・シュポーアであった。

ウィーンでレシェティツキーにピアノを、ミュンヘンでフェリックス・モットルに作曲を学んだ。

1923年プロイセン芸術アカデミーの会員に選ばれている。 当時のケルン市長コンラート・アデナウアーから招かれて、指揮者・ヘルマン・アーベントロートと共に1925年からケルン音楽大学を運営し学長を務めたが、ナチスが政権に就くと「四半ユダヤ人」だったため1933年4月に公職から追放され、作品を上演できない状況が続いた。戦後にアデナウアーの呼びかけに応じて公職に復帰し、ドイツ音楽界ならびに音楽教育界の再建に尽力した。カトリック信仰に関連する作品が多い。

主要作品

  • 歌劇
    • ブランビッラ姫 Prinzessin Brambilla op.12 (E.T.A.ホフマン原作) (1909年)
    • Ulenspiegel (1913)
    • 鳥たち Die V?gel op.30(アリストパネスの喜劇に基づく) (1920年)
    • Don Gil von den gr?nen Hosen op.35 (1924年)
    • Der Gl?serne Berg (1929年)
    • ガラテア Galathea (1929年)
    • 「ジャンヌ・ダルク、聖女ヨハンナの生涯からの情景」 Szenen aus der Leben der Heiligen Johanna (1943)
    • 受胎告知 Verk?ndigung op.50(ポール・クローデル原作) (1933-5年作曲、1948年初演)

      出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%