チーム・ブライアン 新たな旅

ブライアン・オーサー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065123669
ISBN 10 : 4065123666
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
250p;19

内容詳細

何度でも味わいたい、全身がふるえるほどの、平昌のあの感動。
ソチ後、平昌までの羽生結弦の軌跡を、名コーチが語り尽くす。

前作『チーム・ブライアン 300点伝説』を大幅改訂するとともに、前作刊行後、平昌オリンピックで羽生結弦選手が男子シングル2連覇の偉業を達成するまでの知られざる苦闘を、その軌跡をもっともよく知る著者が新たに語る。また、エフゲニア・メドベージェワ、ジェイソン・ブラウン両選手がチームに加わった経緯、羽生選手たち「チーム・ブライアン」の新シーズンとその後の夢についてもおおいに語った。


著者情報

ブライアン・オーサー(ブライアン オーサー)著・文・その他
フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得したスーパースター。引退後はプロスケーターとして人気を博し、2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任した。現在はカナダのトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブを拠点に、男子シングルの羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、ジェイソン・ブラウン、チャ・ジュンファン、女子シングルのエフゲニア・メドベージェワらの指導にあたる。キムが2010年バンクーバーオリンピックで金メダル、羽生が2014年ソチオリンピックと2018年平昌オリンピックの2大会連続で金メダルを獲得した。

樋口 豊(ヒグチ ユタカ) 監修
フィギュアスケートコーチ、振付師、解説者。1949年東京生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック日本代表。全日本選手権では1969年大会から1971年大会まで3連覇。1968年から1971年までトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのメンバー。1972年世界選手権後に現役引退。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めると共に、定評のあるテレビ解説で日本のフィギュアスケート人気に貢献している。

野口 美惠 著・文・その他、翻訳
スポーツ・ジャーナリスト、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆し、国内外の選手・コーチからの信頼も厚い。トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブの夏季メンバーでもある。著書に『ギフト フィギュアスケーターが教えてくれたもの』『伊藤みどり トリプルアクセルの先へ』(共に主婦の友社)、『羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016』(文藝春秋)他がある。「Number」「AERA」「ワールド・フィギュアスケート」「キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ」などに寄稿。

【著者紹介】
ブライアン・オーサー : フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得したスーパースター。引退後はプロスケーターとして人気を博し、2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任した。現在はカナダのトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブを拠点に、男子シングルの羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、ジェイソン・ブラウン、チャ・ジュンファン、女子シングルのエフゲニア・メドベージェワらの指導にあたる。キムが2010年バンクーバーオリンピックで金メダル、羽生が2014年ソチオリンピックと2018年平昌オリンピックの2大会連続で金メダルを獲得した

樋口豊 : フィギュアスケートコーチ、振付師、解説者。1949年東京生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック日本代表。全日本選手権では1969年大会から1971年大会まで3連覇。1968年から1971年までトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのメンバー。1972年世界選手権後に現役引退。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めると共に、テレビ解説も

野口美恵 : スポーツ・ジャーナリスト、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆。トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブの夏季メンバーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tonkotsu さん

    男子フィギュアスケートのオリンピック2連覇金メダリスト羽生結弦選手や欧州選手権6連覇ハビエル・フェルナンデス選手などを擁するチームブライアンを率いるブライアン・オーサー氏による著書。ソチオリンピックから平昌オリンピックまでの4年間の羽生(フェルナンデス)選手の苦闘を描く、体力面というより、精神面を中心に羽生選手が成長する様を見れて面白い、現在男子フィギュア選手の中で頭3つくらい抜けている羽生選手の成長の裏側を知れていい学びになった。

  • Takeya さん

    ブライアン・オーサーは羽生結弦選手のコーチ。五輪ともなるとその優雅さの裏には想像もできない程の重圧が。選手たちはそれをコントロールすべく挫折を乗り越え努力を重ね、自らを高めている。それがいかに大変かは察して余りあるが、4回転ジャンプがうまく跳べない、思わぬ怪我により十分な練習ができない、試合で望ましい結果を出せないなど壁に突き当たるのはビジネスパーソンと同様。フィギュアスケートの選手たちはどのように問題に対処し、どのようにして自らを進化させているのか。課題の捉え方や課題への向き合い方も大いに参考になる。

  • moonlight さん

    急いで読まなくてもいいかな、と思っていたが、羽生選手がまたしても負傷してしまったので、昨年からオリンピックまでをどう乗り越えたのか詳しく知りたくなって手に取った。一流アスリートの壮絶な戦いと成長の記録でもあり、フィギュアスケートというスポーツの解説書でもあり、人と人が信頼関係を築くヒントの書でもある。選手が競技を引退したその先まで考える人間味溢れる指導が一流の選手を育てることに納得した。素人にはよくわからない芸術点とはなんぞや?という疑問にも答えてくれている。ピーキングの話も興味深かった。

  • 澤水月 さん

    前書きだけで号泣。特筆すべきは18GP 初戦で羽生自身も指摘した審判バラつきや不透明さズバリ指摘する点!連覇者の指導者だから言える。ブライアンの「以前の採点ならアジアやスペインは勝てなかった」言及は深い。また中国ボーヤンと米ジェイソン移籍のアヤも五輪直後ならではのぶっちゃけでgkbr…勿論、負傷〜五輪団体戦の数日いや本当に1分も猶予ない状況の凌ぎ方、師弟と仲間の絆も感動的。何もせず見守る・本人に考えさせる・競技者としてだけでない長い人生観を持たせる…実に難しいことを相手ごとに個性見極めるのだから凄い

  • 鯖 さん

    GPFを見つつ感想をば。ハビとゆづとタイプの全く異なる選手の個性を尊重し、まさに導師といった趣きのあるオーサー。調子が悪いとき、ゆづは痛めつけるようにできるまで練習するけど、ハビはやっても無駄無駄ーってさっと切り上げるというところが「ですよねー」ってなった。二人の仲むつまじさと互いを尊重する姿勢にエテリのところのあれこれを思ってしんどくなる。オーサーの下、メドちゃんがしっかり自分を取り戻して、自らの演技ができる日が来ますように。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブライアン・オーサー

フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得したスーパースター。引退後はプロスケーターとして人気を博し、2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任し

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品