フレドリック・ブラウン

人物・団体ページへ

三人のこびと

フレドリック・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488146160
ISBN 10 : 4488146163
フォーマット
出版社
発行年月
1991年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
井上勇 ,  
追加情報
:
335p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Ribes triste さん

    家を出てアム伯父さんと共に暮らし始めたエド。二人が暮らすカーニバルで身元不明の死体が見つかる。再び殺人の捜査を始めるエドとアム伯父さん。そしてエドは苦しいほどの恋に落ちる。またひとつ大人の階段を上るエドでした。

  • 壊れかけのレディオ ヘッド さん

    正直、ミステリーとしては、いまひとつだが、それを補って余りある、ストーリーテラーぶり。派手さはないが、というか、どちらかというと地味になるが、主人公のエド・ハンターの、ほろ苦くも瑞々しい語り口に、ハマってしまう。

  • ヨコケイ さん

    エド&アム・ハンターの第二弾。訳者が変わり、作中時間で一年しか経っていないのに、エドの一人称が〈ぼく〉から〈わたし〉なってしまって、どうにも違和感が。二人のいるカーニバルで侏儒の死体が見つかるが、何故か一座に所属する者ではない、という出だし。玉の輿狙いを公言して憚らないコケティシュな踊り子に惚れたエドは彼女に大忙しだが、さらに事件は続く。旅興行の風俗描写が楽しい。流れからすると、次から本格的な私立探偵になるのかな?

  • やらい さん

    カーニバルの情景が絶品です。哀愁漂う古き良き時代といった感じが味わい深いです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フレドリック・ブラウン

1906年アメリカ・オハイオ州シンシナティ生まれ。ハノーヴァー大学を中退後、貿易新聞、出版社等の校正係を経て文筆生活に入り、中・短篇を中心に数多くのSF・ミステリ作品を発表。1948年、書き下ろしの『わが街、シカゴ』でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀新人賞を受賞。1950年代のSF黄金時代を代表する作

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品