CD

傑作選

フルカワユタカ

基本情報

カタログNo
:
NIW149
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション

商品説明

フルカワユタカ ベストアルバム「傑作選」のリリース!

ソロとして今までにリリースした計8枚のシングルと、4枚のアルバムから選りすぐりの楽曲たちを15曲収録し、更に新曲2曲を本作のために書き下ろした、全17曲入りの大ボリュームの一枚。また、MINI ALBUM「I don't wanna dance 」に収録されていた「slow motion」は、岸本亮(fox capture plan)のピアノを加えて、本作用にリミックス。今作に収録される新曲2曲は、現ライブサポートメンバーである井上司(fox capture plan)と、雲丹亀卓人を迎えて録音。英詞で綴られた「Yesterday Today Tomorrow」は、彼ならではのエモーショナルな珠玉メロディーを存分に堪能できるロックナンバー。そして、もう1曲の「密林」は、ボーカル、ドラム、ベース、鍵盤、ギターがとてもリズミカルにグルーヴし、ライブハウスをダンスフロアへと変えてくれるナンバーとなっている。

本作のジャケットデザインと新アーティスト写真は、フルカワのトレードマークでもあるメガネが印象的なビジュアルとなっており、気鋭の写真家・小見山峻氏の撮影によるもので、アートワークデザインは岩本実里氏が手掛けている。アートワークも含めファンマストアイテムであること間違いなしだ。

<PROFILE>
1997年に DOPING PANDA を結成し、2005年フロントマンとしてメジャーデビュー。「ロックスター」の愛称で親しまれたが、2012年惜しまれながら解散。翌年 2013年1月に渋谷クアトロ3daysのライブよりソロ活動をスタート。2018 年1月には3枚目となるフルアルバム「Yesterday Today Tomorrow」をリリースし、同年1月28日には、ソロ活動5年×ミュージシャンキャリア20年のAnniversary企画、【フルカワユタカ presents「5×20(ファイブバイトゥェンティー)」】を、新木場Studio Coastにて開催し、大成功を収めた。そして2019年7月には、盟友たちと作り上げたコラボ曲をコンパイルした、4枚目となるフルアルバム 「epoch」のリリースと、全国14か所を回る全国ツアーが大盛況のうちに閉幕!2020年3月には盟友・the band apartとの東名阪ツーマンツアーの開催が発表された。自身のソロ活動はもちろん、楽曲提供仕事など、精力的に活動を続けている!


(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フルカワユタカ

2005年 Doping Panda のフロントマンとしてメジャーデビュー。通称ドーパメイニアと呼ばれるファンから「ロックスター」の愛称で親しまれた。 4枚のアルバムリリースと全国ツアー。海外を含む数々のロックフェスに出演する等2000年代後半を代表するバンドとしてシーンを牽引。惜しまれながら2012年解散。

プロフィール詳細へ

フルカワユタカに関連するトピックス

おすすめの商品