フランチェスカ・リア・ブロック

人物・団体ページへ

Nymph 妖精たちの愛とセックス BOOK PLUS

フランチェスカ・リア・ブロック

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048973205
ISBN 10 : 4048973207
フォーマット
発行年月
2002年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
180p;19

内容詳細

「愛」と「性」の持つ不思議な魔力を独特の文体で綴る、エロティックで挑発的な9つの短篇集。アメリカのティーンエイジにいま大人気の作家がはじめて大人のために描いたベッドサイドストーリー。

【著者紹介】
フランチェスカ リア ブロック : ロサンジェルス在住、アメリカのヤングアダルト界で最も注目を集める女性作家のひとり

黒木三世 : 大阪府出身。関西大学英文科卒。翻訳プロダクションを運営するとともに翻訳出版の企画および翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タカラ〜ム さん

    「ひかりのあめ」、「“少女神”第9号」に続くフランチェスカ・リア・ブロック作品を読む第3作目。YA小説のジャンルで作品を発表しているリア・ブロックがはじめて大人向けの作品として描いた短編集である。大人のためのベッドサイドストーリーとして9篇の短編には男女の性愛がリア・ブロックらしい美しい文章で描き出される。それは、ただ官能的なだけではなく、それぞれの短編の登場人物たちが相互に関連し、ひとりひとりが抱える心の闇が示されることでよりストーリー性を帯びてくる。本当に美しい物語である。

  • lotta7 さん

    冒頭の『海』が良かったので購入したけど、雰囲気がだんだん変わり、最後は付いていけなくなった。幻想的過ぎかつ具体的過ぎで、情緒が無い。自分には合わなかった。

  • 柊 ユウ さん

    作者がティーンエージャー向きの本が多いせいか、私の大学では児童書の棚にこの本は分類されている(ある意味他の図書館だと問題w)詩的な文章、セックスが描かれているのに嫌悪は湧いてこない。ただ掃き溜めとしての行為ではなく、愛する行為として描かれている。お気に入りは「海」

  • caster1 さん

    「妖精たち」の友人二人の話が優しくて好き。しかし本の邦題が・・・この話の題になってる「妖精たち」でいいんじゃないかなあ。

  • kimumaki さん

    他の作品より大人向けに書いた一冊。確かに登場する人物の年齢は20〜30歳あたりなのかもしれない。だけど今までの作品と何ら変わることは無い。詩のように美しい文章に彩られたテーマが変わらないのだから。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品