フランシス・エリザ・バーネット

人物・団体ページへ

秘密の花園 下 岩波少年文庫 改版

フランシス・エリザ・バーネット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001120295
ISBN 10 : 4001120291
フォーマット
出版社
発行年月
1997年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
231p;18

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鈴木律 さん

    実家の本棚から。岩波少年文庫がまだハードカバーで、箱に入ってたときの本。オレンジの表紙に時代ものの挿絵の入ったやつ。初版が昭和33年とありました。作品自体、バーネットが1849年に書いたもので、インドがイギリスの植民地だったころのお話。大人にバレないように秘密の庭を手入れするっていうのが、きっと子ども心にわくわくだったんだろうと思います。好きな本でした。黄色い顔のメアリや寝たきりのコリンが、庭で植物と過ごすうちに丈夫に子どもらしくなるのが、今読んでも楽しかったです。

  • 残夏 さん

    子供の頃に読んだ本が懐かしくて何冊か読み直してますが 多分当時読んだのと訳が違うのだろうと思う こんなに難しい本だったっけ?と思いながら読み終わりました

  • 星野梅子 さん

    下巻はメアリよりも屋敷の息子コリンに焦点が当てられ、ディッコンやメアリという友達が出来、母親の愛した秘密の花園に訪れるうちに健康的な少年になっていく様子が描かれる。後半はマーサが登場しなくなったのが個人的には残念。また、終盤になるにつれ、キリスト教の救い的な要素が強くなっていくように感じた。私は小公女の方が好きかも。

  • のんき さん

    再読

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品