CD

フランク:交響曲、プーランク:オルガン協奏曲 小澤征爾&ボストン響、プレストン、ファース

フランク(1822-1890)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4779
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

小澤征爾名盤1600
フランク:交響曲、プーランク:オルガン協奏曲


1973年録音の『幻想交響曲』以来、ドイツ・グラモフォンにフランス作品を積極的に録音してきた小澤征爾。1991年録音のこちらは長らく入手困難になっていた隠れた名盤といえます。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
1. フランク:交響曲二短調
2. プーランク:オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲ト短調

 サイモン・プレストン(オルガン:2)
 エヴァレット・ファース(ティンパニ:2)
 ボストン交響楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1991年11月、12月
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 ルビジウム・クロック・カッティング

内容詳細

小澤征爾がBSOを指揮して91年に録音したフランス作品2作品をまとめた一枚。フランクの交響曲に加え、イギリス出身のオルガン奏者であるプレストンの名演が光るプーランクの協奏曲を収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
現状、廃盤で残念ですが、意外に名演奏な盤...

投稿日:2016/02/11 (木)

現状、廃盤で残念ですが、意外に名演奏な盤。流石、小澤さん。フランス国立管とのサン・サーンス「オルガン」などもそうでしたが、フランスもの(フランクはベルギー系)、実に丁寧に演奏されてます。大仰になることはありませんが、この曲の真髄に迫っています。その意気込み、姿勢が素晴らしい。迫力と情感、細やかな音楽の表出。小澤さんは、ブザンソンのコンクールで一位を獲得、ミュンシュさんに見いだされて、ボストンのタングルウッドに学び、やがてボストン響の音楽監督に成られました。ミュンシュさんからのフランス的な音と、小澤さんの求める斉藤先生から受け継いだドイツ的なボストン響の音がこの曲に、合っていると思います。ライヴのせいか、バーンスタイン盤に負けないほどの情念も感じられます。プーランクも得意技、活き活きリズム感がいい。プレストンとヴィックさんの妙技。崇高、畏怖、叫び、神様への祈りと人間の愚かさと素晴らしさ、古きを学び独自なるものを。体験と人の為の表現。血(民族、人間)は、混ざった方が良いの証左の様な演奏。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

1

フランク(1822-1890)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品