フラナリー・オコナー

人物・団体ページへ

秘義と習俗 フラナリー・オコナー全エッセイ集

フラナリー・オコナー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784393416099
ISBN 10 : 4393416090
フォーマット
出版社
発行年月
1999年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
238p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • chanvesa さん

    小説を「髪は抜け落ち、歯がボロボロになる(74頁)」まで書くオコナーは、「ある少女の死」では、自身の病気は微塵も感じさせず、一切の感傷を排し、冷酷なまでにシスターと接し論ずる。オコナーほど小説家であるプライドを持った作家はいないのではないか?「習俗を通して秘儀を具体的に表すのが小説の務め」(117頁)という言葉は正直理解を超えているが、リアリズムの追求であったり、膿を出すために作った傷のようなグロテスクな内容なのだろう。また自身をフォークナーだけでなく、コンラッドにつながる系譜であるというのが興味深い。

  • いのふみ さん

    グロテスクなもの、滑稽なものを、技法としてあえて使っているのだ。

  • h さん

    フィクションに対する消費者の高慢な要求は、1950年代のジョージア州も、21世紀の東京も変わっていないという事実にうんざりし、背筋が寒くなる。本書に収録されている「ある少女の死」は、特に必読。

  • H さん

    誠実をどうしたら実現できるのかを考え尽くしたひと。この執念を真似することは困難だろう。彼女は土地に絡みとられていたからこそ、そのものの正体を見極めて、自分なりに整えることが大切だったのだろうか。安易に言葉にするのに迷うほどの知性を、彼女はためらうことなく筆にのせる。痛覚を感じるくらいの文章。また読み返したい。

  • sakanaga さん

    「自分の書く物語から、作者は何かを発見できるようでなくてはいけない。もしそういうことがなければ、おそらく他の誰もそこに何も見つけてはくれまい。」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

フラナリー・オコナー

1925‐1964。アメリカの作家。アメリカ南部ジョージア州で育つ。O・ヘンリー賞を4回受賞し、短篇の名手として知られる

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品