フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス

人物・団体ページへ

ドストエフスキイ後期短篇集

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784828830582
ISBN 10 : 4828830588
フォーマット
発行年月
1987年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;16X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • SIGERU さん

    1873年から77年まで、雑誌に順次発表された。後期短篇集と銘打たれているが、実はドストエフスキイ晩年の浩瀚な「作家の日記」から創作部分を抜粋したものだ。ドスト氏の小説作品は初期作品も含めて完読しており、論説・批評・創作小説が混然一体となった「作家の日記」のみ読み止しのままにしていた。この便利な文庫本で創作小説を纏めて読めたのはありがたい。「おとなしい女」は、中年の主人公が16歳の処女を妻に迎えるという、ドスト氏の少女愛趣味を髣髴させる心理小説。幼な妻の複雑玄妙な心の動きを活写する力技は、まさに独壇場だ。

  • 刳森伸一 さん

    多くが『作家の日記』から取られた、ドストエフスキーの後期短篇集。諷刺的なものから哲学的なものまで幅広い。最後を飾る『おかしな人間の夢』は『地下室の手記』の発展型かもしれない。

  • 新山下 さん

    翻訳されても面白いので古今東西の読者に読まれる著者の作品。長編は腰が引けるので短編集から入門しました。著者はさすが世界の文豪、作家の中の作家で、多くの作家がドストエフスキーの作品から文章を学んだのではなかろうかと思いました。読者に生きる力を与えるような文学かもしれない。

  • MatsumotoShuji さん

    011106

  • めがねずみ さん

    作家の日記を読みたくなる短編集であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品