家庭で作れるサルデーニャ料理 イタリア・地中海「長寿の島」から

フジタトモコ (料理)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309284620
ISBN 10 : 4309284620
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
95p;26

内容詳細

地中海に浮かぶサルデーニャ島は、野・山・海の幸に恵まれた食の宝庫。新鮮や野菜や果物を使った手作り料理は、シンプルなのにとびきりおいしい!ホスピタリティ精神あふれる人々と食の豊かさに惹かれてサルデーニャに移り住んだ著者が島中を駆け巡ってマンマたちに習った伝統パスタや郷土料理の数々。よく知るイタリア料理とはひと味違うとっておきのレシピを集めた日本初のサルデーニャ料理の本。

目次 : 1 パスタ―知られざる手作りパスタの宝島(フレーグラ/ マロレドゥス ほか)/ 2 主菜―野山の恵み、海の幸(季節野菜のパナディーナ/ そら豆の煮込み ほか)/ 3 パン料理―最後の一片までおいしく大切に(ポルペッティディパーネ/ フェッティドラーテ ほか)/ 4 保存食―とっておきたい季節の味覚(塩漬け・砂糖漬け/ ジャム ほか)/ 5 菓子―マンマに習った伝統菓子(アマレッティ/ グエッフス ほか)

【著者紹介】
TOMOKOFujita : フジタトモコ。Delizie主宰。和歌山県生まれ。大阪でイタリア家庭料理店を経営後、2000年にイタリアに渡り、ピエモンテ・アスティを拠点に各地のアグリツーリズモで料理修業。2003年よりサルデーニャに移住し、「食」をテーマに現地の旅行、視察、料理教室などをコーディネート。日本とサルデーニャの食文化交流に活躍中

山口規子 : 写真家。栃木県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業後、文藝春秋写真部を経て、独立。女性ファッション誌や旅行誌、広告写真を中心に活躍。公益社団法人日本写真家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    10年ぐらい前にうちの旦那さんがこの島でダンス公演する機会をもらいまして、その時にこの島の料理の豊かさやパスタの豊富さをたくさん話してくれたんです。その後長寿の島として世界的に有名なことなどを知りましたが、この本を手に取ってうっとり。様々なパスタは、作ってみたいというより現地に食べに行きた〜い!保存食、マルです。

  • あらたま さん

    多種多様なご当地パスタにページが割かれていた。特に「神の糸」という意味(のサルデーニャ訛り)のフィリンデゥは繊細だったけど、調理方法が羊のブロードで煮る一択で、パスタの作り手も激減しているそうな。

  • timeturner さん

    パスタの手作りはさすがに「じゃあ作ろうか」とはならないけれど、合わせてあるソースはどれも材料がシンプルで作り方も簡単なので、市販の乾燥パスタでも充分いけそう。どれもおいしそうなので、読んでるとお腹がぐうぐう鳴ってくるのが困りもの。

  • ぽけっとももんが さん

    なかなか家庭では作れませんけどね。しかし、多彩なパスタ、見ていて楽しいけれども、なぜ一種類、あるいは数種類ではいけないのか。一つずつ切ったり折ったり、具材に合わせて作り分けているのかな。読むところもたくさんあって満足。刺繍とか民族衣装とか、そういう綺麗なものがもっと見たかった。

  • グーグー さん

    どれもこれも美味しそう! 作ってみようかと思ったけれど、やっぱりサルデーニャに行って、マンマの本物を食べてみたいな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品