ファン・ジョンウン

人物・団体ページへ

野蛮なアリスさん

ファン・ジョンウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207407
ISBN 10 : 4309207405
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
210p;20

内容詳細

私はアリシア。女装ホームレスとして四つ角に立っている。ソウル郊外に建設される、大規模マンションを巡り加熱する人々の欲望―凶暴な母と年老いた父、そして沢山の食用犬と暮らす少年アリシアのたったひとりの戦い。数々の賞を総なめにする最前線の女性作家が強烈なイメージで描く怒りと敗北、無垢な祈りの物語。暴力の心臓を描く傑作!

【著者紹介】
ファン・ジョンウン : 1976年ソウル生まれ。2005年、京郷新聞「新春文芸」に短編が当選し作家デビュー。2010年『百の影法師』で韓国日報文学賞、2012年『パ氏の入門』でシン・ドンヨブ文学賞、2014年「誰が」(短篇)で第15回イ・ヒョソク文学賞、2015年『続けてみます』で第23回大山文学賞、2017年「笑う男」でキム・ユジョン文学賞を受賞

斎藤真理子 : 1960年、新潟市生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。80年より韓国語を学び、91〜92年、韓国の延世大学語学堂へ留学。15年、パク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳、14年、クレイン)で第1回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    街に立つ女装ホームレスのアリシア。人々に不快感を持たせながらも纏わりつくような彼女は、人々が恐れて敢えて見ないようにしている部分を語る。貧しく、周囲から馬鹿にされ続け、母親からは「クサレオメコ」という言葉で罵られながら暴力を受け、誰も助けてくれない。アリシアが唯一、家族で大切に思っていた弟の寝入り端に紡いでいた物語。そこには親から生まれて生きていく事の静かな呪詛、どうしようもできない現状の受容、右往左往する大人社会への冷めた視線がある。まだ、彼は遥かに若いのに心はどの大人よりも擦り切れてしまっている。

  • future4227 さん

    あまりにも衝撃的な表紙と内容の想像がつかないタイトル。現実が辛すぎて、もはや空想物語に逃げ込むしかない女装ホームレスの少年。しかしそこでも、暗い穴に落ちていく自分しか想像できない絶望感。都市開発を背景に富める者と貧しい者とに別れる格差社会。飼い犬を食い、いじめに耐え、親の虐待に耐える日々。やっとの思いで役所に逃げ込めば、部署が違うと言われ、親と一緒に予約してから来いと言われ、そんな人間たちへの諦めと憎しみを込めてクサレオメコ!と連呼する。そんな韓国社会の暗部を描いた社会派小説。彼らに明るい未来は来るのか?

  • りつこ さん

    面白かった、と言っていいのか悩むくらい、残酷でしんどい物語。日常的に暴力をふるう母に、飼っている犬を殺して食う父。見て見ぬふりの隣人に、役に立たない行政。子どもはあまりに無力で、暴力には暴力で立ち向かうしかないのか、持たない者に浮上するチャンスはないのか。悪夢のような物語だが、インパクトのある表紙と相まって、忘れられない一冊になりそうだ。

  • *maru* さん

    ─私の名前はアリシア。女装ホームレスとして四つ角に立っている。俯瞰的な視点と主観的な語り口。負のエネルギーに満ちた独創的かつ詩的な文章。幾度となく発せられる侮蔑の言葉も、社会や傍観者たちに向けられたもののようにドキッとさせられる。「君は、どこまで来ているかな」内容と相まってこの語りかけが読み手の心に重くのしかかる。兎の穴には何がある?誰がいる?何処に繋がっている?暗闇から彼等の声が聞こえてくるようだ。ねぇ、迎えにきてよ、助けてよ。欲望と欲求は似て非なるもの。今日もアリシアは、四つ角に立っている─。

  • りー さん

    女装ホームレスの話?そいつぁファンキー!と間違ったモチベーションで読み始め、なんだよファンキーどころか暗い人生を送る少年の地味な話じゃねーかよと斜め読みしていたはずなのに、再開発地区コモリの内側の話に突入する頃には完全に物語に呑まれてしまっていた。淡々と不穏な空気を醸し出す語り口はあとがきでも触れられていたけれど圧倒的な喚起力を持っていて、好きなタイプの物語でもないのにグイグイと引きずり込まれてしまう。面白いとかポジティブな言葉では表現できない、非常にinterestingな読書だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ファン・ジョンウン

1976年ソウル生まれ。2005年、京郷新聞「新春文芸」に短編が当選し作家デビュー。2010年『百の影法師』で韓国日報文学賞、2012年『パ氏の入門』でシン・ドンヨブ文学賞、2014年「誰が」(短篇)で第15回イ・ヒョソク文学賞、2015年『続けてみます』で第23回大山文学賞、2017年「笑う男」で

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品