遊びが学びに欠かせないわけ 自立した学び手を育てる

ピーター・グレイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715559
ISBN 10 : 4806715557
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
344p;19

内容詳細

学びは苦役ではない。自由な遊びこそ、子どもの学びの大きな翼になることを、人類史に遡って解き明かす。

目次 : プロローグ―息子が校長室で発した言葉から教育の生物学的意味を考え始める/ 第1章 子ども時代の過ごし方の大きな変化/ 第2章 狩猟採集民の子どもたちは遊びでいっぱいだった/ 第3章 学校教育の歴史―誰の必要から、いまのような学校はできたのか?/ 第4章 強制された教育制度の7つの罪/ 第5章 母なる大地は現代においても有効である―管理された学びと遊びから自由をとりもどした学校/ 第6章 好奇心、遊び心、社会性―インドで見る子どもたちの自己教育力/ 第7章 遊びのパワー―心理学が解き明かす、学び、問題解決、創造性/ 第8章 社会的・感情的な発達に果たす遊びの役割/ 第9章 なぜ異年齢の混合が子どもの自己教育力を飛躍的に伸ばすのか/ 第10章 「最悪の母親」と信頼にあふれた子育て

【著者紹介】
ピーター・グレイ : ボストン・カレッジ心理学部で1972年〜2002年の間教鞭をとる。現在は研究教授。主な研究分野は、子どもの遊び、自立的な学習、人間の生物学的・文化的進化に果たしている遊びの役割等。米国マサチューセッツ州ノーフォーク在住

吉田新一郎 : 元々の専門は都市計画。国際協力にかかわったことから教育に関心をもち、1989年に国際理解教育センターを設立。参加型のワークショップで教員研修をすることで、教え方を含めて学校が多くの問題を抱えていることを知る。それらの問題を改善するために、仕事/遊びとして、「PLC便り」「WW/RW便り」「ギヴァーの会」の3つのブログを通して本や情報を提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りょうみや さん

    良い内容だった。結論としての教育論や学校制度の考え方は一言で言えば「子供の自主性を重んじる」ものでそれ自体は目新しいものではないが、著者の考えの全ての出発点は人の営みや幸福は狩猟採取民の頃から本質的には変わっていないというところであり、そこから本書の主題である遊びが(人間以外も含む)生物にとっていかに本質的であるものかを論じ、理想の教育論、幸福論を導いているところが新しく、そしてとてもおもしろい。

  • かいぴー さん

    刺激的な一冊でした。 親として、教師として考えさせられました。       大人の不安や、子どもをコントロールしたい欲求が肥大化して、子どもたちの豊かな子ども時代が失われてしまってきている。 今の教育の在り方が、子どもの自然な学びにとって、いかに不自然であるか、突き付けられた感じがしました。       クラスの中からだけでなく、より俯瞰的な立場から考えた子ども目線をもつことが大切だと思いました。 「信頼にあふれた」、自由で子どもの自然な学びに近い、子育てや教育について考え、実践していきたいです。

  • mi78621 さん

    様々な子どもたち(同年齢!)が教室に詰め込まれ、やりたくもない勉強を一方的に押し付けられる…。考えれば考えるほど、これほど不自然なことはないだろうと思うが、現教育体制を変えるのは、相当難しい。せめて、子どもたちの“遊び”を“学び”へ結びつけられる、教師自身の発想を転換していきたいと思う。

  • Arick さん

    経験から感じていたことが書かれていた印象。 狩猟採集民の育ちから遊びが学びにどう関わるかを描いたアプローチは興味深かった。 ページ数が多く、似た内容が繰り返されるので、少しだれてしまった。 ゲームに関しての記述は、思い込みとは違う調査結果が書かれていて興味深かった。 サドベリーバレーは見に行きたいなあ。そこを選ぶ家庭の文化資本がベースにあるようには思うんだけど。

  • チューリップ さん

    自由な遊びを通して、子どもは体や精神をコントロールすることを学んでいる。心に残る一文でした。今まで外遊びは大切だと漠然と知っていたが、そういうことだったのですね。今のご時世、子どもだけで遊ばせるというのは難しいですが、少しでも信頼にあふれた親に近づけるように心掛けていきたいと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ピーター・グレイ

ボストン・カレッジ心理学部で1972年〜2002年の間教鞭をとる。現在は研究教授。主な研究分野は、子どもの遊び、自立的な学習、人間の生物学的・文化的進化に果たしている遊びの役割等。米国マサチューセッツ州ノーフォーク在住

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品