ピツェッティ(1880-1968)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ピアノ協奏曲、ヴェネツィアのロンド チッコリーニ(p)レイヤー&モンペリエ国立管

ピツェッティ(1880-1968)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4800790
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

巨匠チッコリーニが聴かせる哀愁とロマン溢れる名作との出会い

チッコリーニは、80歳を過ぎても現代最高のピアニストとして精力的な活動を行い、またパリ音楽院では後進の指導も続けています。かつてEMIに多くの録音を残していますが、今回ACCORDとの新しい録音プロジェクトが始まりました。
 その第1弾が、イタリアの作曲家、ピツェッティのピアノ協奏曲です。このコンビによって、2006年7月にモンペリエ音楽祭で演奏され、大変な評判となりました。このピアノ協奏曲は、憂愁に溢れたメロディーと馥郁としたロマンの香りが忘れ難い印象を与えてくれます。まさに秘曲のコンチェルトとも言うべき作品です。チッコリーニは、巨匠の風格でこの魅力的なコンチェルトを演奏しています。併録曲は、『ヴェネツィアのロンド』です。(ユニバーサルIMS)

ピツェッティ:
・ピアノ協奏曲『真夏の歌』
・ヴェネツィアのロンド

 アルド・チッコリーニ(ピアノ)
 モンペリエ国立管弦楽団
 フリードマン・レイヤー(指揮)
 録音:2006年7月、モンペリエ

収録曲   

  • 01. Pizzetti: Piano Concerto: - Mosso e fervente, ma largamente spaziato
  • 02. - Adagio
  • 03. - Rondo : Allegro
  • 04. Rondo veneziano pour orchestre

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ピツェッティの曲でも簡単に入手できる時代...

投稿日:2010/12/13 (月)

ピツェッティの曲でも簡単に入手できる時代になり嬉しい限りです。NAXOSレーベルではどんどん出ています。確か「夏のコンチェルト」等を買い求めるために輸入レコード店を探しまわったのは1980年頃。職人的な作曲家で気軽に聞ける曲が多いという先入観があったのですが、購入後(気軽を超えて)一時熱中しました。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この作曲家の事はまったく知りませんでした...

投稿日:2009/01/31 (土)

この作曲家の事はまったく知りませんでした。チッコリーニが取り上げるなら何かあると思って買いましたが大正解でした。調べたら日本との因縁もあるようです。レスピーギとラフマニノフを足して2で割ったような感じでした。古楽旋法がベースにあるのでエキゾチックな感じもします。作曲年代を考えると保守的な作曲技法で、歴史劇の付帯音楽のようにも聴こえますが、まだまだ自分の知らない良い楽曲が世の中にはあるのですね。

レオナルド さん | 日本 | 不明

0
★
★
★
★
★
チッコリーニの気品と円熟味のあるタッチと...

投稿日:2008/08/24 (日)

チッコリーニの気品と円熟味のあるタッチと技術が凄い。 選曲のコンチェルト(知られざる)は感動的。 第一楽章・・・・重厚なフランスのロマン派を漂わせつつ、ファリャぽい部分もあり、怪しげなリストぽい低音部が魅力。 第二楽章・・・・ロマンティシズムの極致!ショパンのようだ。ベートーヴェンのような格式も感じられる。 第三楽章・・・・流麗でリズミカルだが、叙情性がたまらない。メットネルのようなスクリャービンのようなコンチェルトでも見受けられるようなヴィルトゥオーソだ。

saca さん | tokyo | 不明

1

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品