CD 輸入盤

グッド・ナイト!〜子守歌集 ベルトラン・シャマユ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029524243
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ベルトラン・シャマユが選んだ魅惑的な子守歌

「私自身が不眠症です」と語るシャマユ。2人の子供を持つ父親でもある彼は「子守歌」を常に愛してきたといいます。彼によれば、眠りにつくとき、頭の中では多くのことが起こっており、特別な瞬間があるとのこと。子守歌は夢と現実を繋ぐものなのでしょう。
 彼がアルバムのために選んだ「子守歌」は全16曲。ショパンやグリーグなど比較的耳にする機会の多い作品はごく少数。晩年のリストが書いた幾分空虚な響きを持つ『子守歌』を始め、不安げなマルチヌーやヤナーチェク、哀愁漂うヴィラ=ロボスなどの近代作品、音が光のように散らばるラッヘンマンの『ゆりかごの音楽』など知られざる曲が並んでおり、まさにシャマユならではの想像力がフルに発揮された選曲となっています。また、このアルバムのために書かれた『Song for Octave』は、シャマユの友人ブライス・デスナーが、自身の息子オクターヴのために作曲した小さな曲。ミニマル・ミュージックを思わせるスタイルが自然な眠りを誘うことでしょう。
 シャマユは最初、アルバムのトーンが均一になってしまうのではないかと危惧したようですが、Amazon HD限定配信されているワーナー・クラシックス「3D・オーケストラル・コレクション」や、「Sony Classical」でのテオドール・クルレンツィスの録音を手がけているDamien Quintard氏が、このシャマユの録音でも、エンジニア、編集、マスタリングを全て1人で行っています。出来上がってみると、前述のとおり「眠りにつくまでの様々な感情」に寄り添う素晴らしい1枚になっています。それはこのアルバムでは、特別なマイク・セッティングとDolby Atmos 3Dテクノロジーによって録音されており、教会の長く美しい残響と、ピアノの優しく温かみのある音色が合わさり、独特な音に包まれているように感じることもできるように設計されています。またDolby Atmosの互換性のあるオーディオ&スピーカー・システム(Amazon Echo Stadio)などで再生することで、さらに音に立体感を味わえるようにもなっております。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ヤナーチェク:『草かげの小径』より『おやすみ!』
2. リスト:子守歌 S.198
3. リャプノフ:6つのやさしい小品 Op.59より『人形の子守歌』
4. ショパン:子守歌 Op.57
5. リャプノフ:12の超絶技巧練習曲 Op.11より『子守歌』
6. ヴィラ=ロボス:『赤ちゃんの一族』より『ぼろ切れの人形』
7. メラニー・ボニス(メル・ボニ):『la toute petite s’endort』
8. グリーグ:抒情小品集 第2集 Op.38より『子守歌』
9. デスナー:『Song for Octave』
10. ブゾーニ:悲歌集より『子守歌』
11. リスト:子守歌 S.174
12. ラッヘンマン:ゆりかごの音楽
13. ブラームス/レーガー編:子守歌 Op.49-4
14. マルチヌー:ミニアチュアのフィルム H.148より『子守歌』
15. バラキレフ:子守歌
16. アルカン:25の前奏曲 Op.31より『私は眠っていたが私の心は目覚めていた』


 ベルトラン・シャマユ(ピアノ)

 録音時期:2020年2月24-26日
 録音場所:フランス、シャラントン=ル=ポン、コンフラン教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【ベルトラン・シャマユ プロフィール】
1981年トゥールーズ生まれ。パリ国立音楽院でジャン=フランソワ・エッセールに師事し、20歳でロン=ティボー国際コンクールに入賞。その後、シャンゼリゼ劇場、リンカーン・センター(ニューヨーク)、ウィグモア・ホール等世界各国の伝統あるステージで演奏するほか、ルツエルン音楽祭などにも出演しています。
フランス版グラミー賞とも呼ばれる「ヴィクトワール・ドゥ・ラ・ムジーク賞」を3度受賞している(“突出した若い才能のための賞”、“ソロ部門賞”、“ベスト・レコーディング賞”)。グラモフォン誌からは“完璧な血筋を引く若きフランスのピアニスト”と評され、同世代の中で最も造詣が深く魅力的なピアニストの一人とされています。
これまで、ピエール・ブーレーズ、ネヴィル・マリナー、レナード・スラットキン等の名匠の指揮の下、パリ管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団等数多くのオーケストラと共演。
室内楽の活動にも従事し、カピュソン兄弟、エベーヌ弦楽四重奏団、バイバ・スクリデ、ソル・ガベッタ等と共演を重ねています。(輸入元情報)


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 明晰な音運びと、(録音した教会に由来す...

投稿日:2020/10/12 (月)

 明晰な音運びと、(録音した教会に由来するのか)豊かな音響でやわらかく包み込んでくれる演奏。「眠りに導く」というコンセプトにしては音楽がクリアで音も前に出すぎるため眠る気持ちに音が勝ってしまっている気もする。まぁ、音はボリュームを調節すればいいわけで、枕元に音源を置くより少し離れた場所からそこはかとなく流れてくるくらいがちょうどよいように思う。照明を落とした湯船につかりながらゆったり聴くのもなかなか良かった(注:湯船で寝てはいけません。寝落ちしないよう各自の責任で十分気を付けてください!)。曲の中ではリストとラッヘンマン、アルカンの曲に惹かれた。あのラッヘンマンでこの優しい調べ…とびっくりした。眠りを愛する人々に向けたやさしさに溢れた愛すべきディスクと思う。眠りに限らず、肩の力を抜いてリラックスしたいときにもおすすめしたい。

うーつん さん | 東京都 | 不明

1

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品