CD 輸入盤

ウラディミール・フェルツマン/コンプリート・ソニー・レコーディングス(8CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
19075911432
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ピアノ・ファン待望! 「ピアノの哲人」ウラディミール・フェルツマンが
コロンビア〜ソニー・クラシカルに録音した名演の全貌が詰まった8枚組・完全生産限定盤


1971年のロン=ティボー・コンクールで優勝して一躍その名を世界に轟かせながら、旧ソ連共産党体制のもとで演奏を禁じられ、1987年にセンセーショナルなアメリカ・デビューを果たしたウラディミール・フェルツマン。マイスキーやウゴルスキと同じく、共産党体制の下での芸術の統制という文脈の中で語られがちですが、そうした政治的な要素を考えずとも、フェルツマンが極めて優れたピアニスト、ヴィルトゥオーゾであるのみならず、詩的・哲学的な意味においても、稀有な高みに達している音楽家といえるでしょう。
 ウラディミール・フェルツマンは1952年モスクワ生まれ。11歳の時にモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演でデビューし、1969年にチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に入学。ピアノをヤコブ・フリアー教授のもとで学ぶと同時に、モスクワとレニングラード(現サンクト・ペテルブルク)の両音楽院で作曲を学んでいます。1971年にパリで開催されたマルグリット・ロン国際ピアノ・コンクール(ロン・ティボー・コンクールのピアノ部門)でグランプリを受賞後、広範囲な演奏活動に乗り出し、旧ソビエト連邦、ヨーロッパ、日本へのコンサート・ツアーを行いました。旧ソ連体制下で芸術活動の自由が制限されていることに次第に不満が募っていたフェルツマンは、1979年出国ビザを申請することで移住の意思を表明。その結果直ちに公の場での演奏を禁じられ、レコードは販売禁止。8年間実質的に芸術界から追放状態にありましたが、ようやくソ連出国を許可され、1987年アメリカ合衆国に到着するや、当時大統領だったロナルド・レーガンよりホワイト・ハウスで温かい歓迎を受け、CBSマスターワークス(現ソニー・クラシカル)はすぐさま彼と録音契約を結びました。同年に行われたカーネギー・ホールでのアメリカ・デビューは、彼を一気にアメリカ音楽界の一流ピアニストの座に押し上げたのです。現在、ソリストとして合衆国のあらゆる主要オーケストラと定期的に共演しているばかりでなく、世界中の著名なコンサート・チクルスや音楽祭で活躍。また若手音楽家の指導にも熱心なフェルツマンはニューヨーク州立大学(ニュー・パルツ校)のピアノ科特別名誉教授であり、「ピアノ・サマー」と銘打つ国際フェスティバル・インスティテュートを創設し、その芸術監督を務めています。彼の上級ピアノ専攻生対象の3週間に及ぶ集中トレーニング講座は世界中の若い才能を惹きつけています。
 このボックスには、当時センセーショナルな話題を巻き起こした1987年カーネギー・ホールでのアメリカ・デビュー・コンサートのライヴ(ディスク3&4)を含む、フェルツマンがコロンビア・マスターワークス〜ソニー・クラシカルへ録音した7タイトル8枚分のアルバムが収録されています。
 ディスク1とディスク2はフェルツマンのアメリカ・デビュー前の録音で、ディスク1のショパン『24の前奏曲』は1984年にモスクワで秘密裏に録音され、CBSによって西側にもたらされたアルバムです。ディスク2のシューベルトはその6年前にパリでCBSが録音していたフェルツマンにとって西側での初録音となったものでした。
 ディスク3&4のカーネギー・ホールでのアメリカ・デビュー・リサイタルのライヴは、ロシア人音楽家のデビューにもかかわらず、シューベルトとシューマンの大曲にメシアンを挟むという独創的なプログラミングが大いに話題となりました(ようやくアンコールで弾かれたロシア音楽であるラフマニノフの前奏曲が、これまたとんでもない名演)。
 ディスク5、6、8は、ロシア音楽のメインストリームともいうべき3人の作曲家の名協奏曲で、切れ味鋭くかつ深みのあるフェルツマンのピアニズムを心行くまで堪能できます。
 ディスク7のリスト・アルバムは、巨大なスケールで作品の内容を抉りぬく『ロ短調ソナタ』をはじめ、リスト音楽の深淵を覗かせてくれる極め付きの名演です。
 各ディスクは初出盤のジャケット・デザインによる紙ジャケに封入され、詳細な録音データを掲載したオールカラー別冊解説書と共に、厚紙製クラムシェル・ボックスに収容されます。
 ボックスのサイズは L 13cm x W 2.9cm x H 13cm。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
● ショパン:24の前奏曲 Op.28


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 録音:1984年10月1日 モスクワ、Spaso House

Disc2
● シューベルト:幻想曲ハ長調『さすらい人』 D.760, Op.15
● シューベルト:楽興の時 D.780, Op.94


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 録音:1978年12月 パリ、ノートルダム・デュ・リバン教会

Disc3-4
● シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番イ長調 D.664, Op.120
● メシアン:幼子イエスに注ぐ20の眼差し
● シューマン:交響的練習曲 Op.13
● ラフマニノフ:13の前奏曲集 Op.32〜第12番嬰ト短調(アンコール)
● ベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲ニ長調 Op.76(アンコール)


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 録音:1987年11月11日 ニューヨーク、カーネギー・ホールでのライヴ

Disc5
● ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30
● ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲Op.43


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
 ズービン・メータ(指揮)
 録音:1988年2月28日〜3月2日 テル・アヴィヴ、マン・オーディトリアム

Disc6
● プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番変ニ長調Op.10
● プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16(1923年版)


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 ロンドン交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)
 録音:1988年9月23,24日 ロンドン、アビー・ロード・スタジオ

● プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』からの10の小品 Op.75〜別れの前のロメオとジュリエット

 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 録音:1988年11月7,8日 プリンストン大学、リチャードソン・オーディトリアム

Disc7
● リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178
● リスト:ペトラルカのソネット第47番、第104番、第123番 S.161/4-6
● リスト:『2つの伝説』 S.175〜小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 録音:1988年11月7,8日 プリンストン大学、リチャードソン・オーディトリアム

Disc8
● チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
● チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第3番変ホ長調 Op.75


 ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)
 ワシントン・ナショナル交響楽団
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)
 録音:1989年7月18日 ワシントンDC、ケネディ・センター

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
期待どおりの大変素晴らしい演奏。これは、...

投稿日:2019/07/28 (日)

期待どおりの大変素晴らしい演奏。これは、とてもお得なセットだと思います。

0
★
★
★
★
★
その後録音されたバッハ・ショパンはいずれ...

投稿日:2019/06/06 (木)

その後録音されたバッハ・ショパンはいずれも素晴らしいので、このセットはぜひ聴いてみたいと思う。

fuka さん | 東京都 | 不明

2

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品