CD 輸入盤

アンヌ・ケフェレック/エラート録音全集(21CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029554278
組み枚数
:
21
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


アンヌ・ケフェレック/エラート録音全集

パリ生まれ。5歳の時からピアノを学び、1964年にパリ音楽院に入学。1965年ピアノ・クラスで一等賞を、翌年ジャン・ユボーの室内楽クラスでも一等賞を獲得し、パリ音楽院を首席で卒業。その後さらに研鑽を積むためウィーンに留学し、パウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デムス、そして特にアルフレート・ブレンデルに師事。1968年、優勝者をなかなか出さないことで有名なミュンヘン国際音楽コンクールにおいて審査員満場一致で優勝を果たし、翌年リーズ国際ピアノ・コンクールでも入賞。一躍ヨーロッパで大きな注目を浴びました。
 1970年にウィーンでデビューし、翌年にはパリでデビュー。その後、ヨーロッパ、アメリカ、日本、カナダ等世界各地でリサイタルを開き、また世界各国の主要オーケストラと共演。近年は「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日)」音楽祭のメイン・ゲストとして高い人気を誇っています。ピアニストとしての活動に対して、フランス政府より芸術文化勲章オフィシエが授与されています。
 このボックスは、50年近いケフェレックの演奏から、彼女がデビューしたての1970年から1996年までの、エラート、旧ヴァージンへ録音したものを全て収録したものです。ディスク5と16は、当時エラートと提携していたRVCとの共同制作により日本で録音されたものです。現在音源は「Sony Classical」が所有していますが、今回そちらの音源も収録。多くの音源をリマスター。各ディスクは、オリジナルジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
D.スカルラッティ:
1. ソナタ ニ長調 L.465 (K.96)
2. ソナタ ロ短調 L.449 (K.27)
3. ソナタ ニ長調 L.14 (K.492)
4. ソナタ ホ長調 L.430 (K.531)
5. ソナタ 嬰ハ短調 L.256 (K.247)
6. ソナタ ニ短調 L.413 (K.9)
7. ソナタ ハ長調 L.104 (K.159)
8. ソナタ ヘ短調 L.382 (K.69)
9. ソナタ ニ長調 L.424 (K.33)
10. ソナタ ロ短調 L.33 (K.87)
11. ソナタ ト長調 L.286 (K.427)
12. ソナタ 変ホ長調 L.142 (K.193)
13. ソナタ(フーガ)ト短調 L.499 (K.30)

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1970年3月20日、パリ、サル・アディアール

Disc2
シューベルト:
1. 4つの即興曲 Op.90, D.899
2. 楽興の時 Op.94, D.780

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1971年、パリ、ノートルダム・デュ・リバン教会

Disc3
ショパン:
1. スケルツォ第1番ロ短調 Op.20
2. スケルツォ第2番変ロ短調 Op.31
3. スケルツォ第3番嬰ハ短調 Op.39
4. スケルツォ第4番ホ長調 Op.54
5. 即興曲 第1番変イ長調 Op.29
6. 即興曲 第2番嬰ヘ長調 Op.36
7. 即興曲 第3番変ト長調 Op.51
8. 即興曲 第4番嬰ハ短調 Op.66『幻想即興曲』

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1973年4月9,10日、Eglise de Grisy-Suisnes

Disc4
リスト:
1. メフィスト・ワルツ第1番 S.514
2. 愛の夢 第3番 S.541
3. パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 〜第4曲『アルペッジョ』
4. 巡礼の年 第3年 S.163 〜エステ荘の噴水
5. 2つの伝説 S.175〜波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ
6. 超絶技巧練習曲 S.139〜鬼火
7. 巡礼の年 第1年 S.160〜オーベルマンの谷

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1974年2月19,20日、Eglise de Grisy-Suisnes

Disc5
J.S.バッハ:
1. 半音階的幻想曲とフーガニ短調 BWV.903
2. パルティータ第2番ハ短調 BWV.826
8. パルティータ第5番ト長調 BWV.829

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1975年11月11,12日、世田谷区民会館

Disc6
1. ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 M.83
2. ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲ニ長調 M.82
3. ドビュッシー:ピアノと管弦楽のための幻想曲

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 アラン・ロンバール指揮、ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団(1,2)
 アルミン・ジョルダン指揮、モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団(3)

 録音:
 1975年2月6,7日、ストラスブール、Palais de la musique et des congress(1,2)
 1980年6月、モンテカルロ、サル・ガルニエ(3)

Disc7
メンデルスゾーン:
1. ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.49
2. ピアノ三重奏曲第2番ハ短調 Op.66

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)
 フレデリック・ロデオン(チェロ)

 録音:1976年5月1,2日、パリ、サル・アディアール

Disc8
ラヴェル:
1. 鏡 M.43
2. クープランの墓 M.68

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1976年5月24,25日、パリ、サル・アディアール

Disc9
1. ベートーヴェン:ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲ハ長調 Op.56

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)
 フレデリック・ロデオン(チェロ)
 アルミン・ジョルダン指揮、モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団

 録音:1978年5月11,12日、モンテカルロ、サル・ガルニエ

Disc10
フォーレ:
1. ヴァイオリン・ソナタ第1番イ長調 Op.13
2. ヴァイオリン・ソナタ第2番ホ短調 Op.108


 ピエール・アモイヤル(ヴァイオリン)
 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1978年4月18,19日、フランス、ディジョン考古学博物館

Disc11
シューベルト:
1. 幻想曲 ヘ短調 D.940
2. アレグロ イ短調 D.947『人生の嵐』
3. 6つのポロネーズ D.824
4. 自作主題による8つの変奏曲 変イ長調 D.813

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 イモージェン・クーパー(ピアノ)

 録音:1978年3月6-11日、パリ国際大学都市、サロン・オノラ

Disc12
シューベルト:
1. ソナタ ハ長調 D.812『グラン・デュオ』
2. ロンド イ長調 D.951
3. 3つの軍隊行進曲 D.733
4. フランス風の主題によるディヴェルティスマン ホ短調(アンダンティーノと変奏曲) D.823

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 イモージェン・クーパー(ピアノ)

 録音:1978年3月6-11日、パリ国際大学都市、サロン・オノラ

Disc13
1. ドビュッシー:ピアノのための12の練習曲 L.143

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1980年4月22,23日、パリ、ギメ東洋美術館

Disc14
J.S.バッハ:
1. 4台のピアノのための協奏曲イ短調 BWV.1065
2. 3台のピアノのための協奏曲ニ短調 BWV.1063
3. 3台のピアノのための協奏曲ハ長調 BWV.1064

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ:1,2)
 ミシェル・ダルベルト(ピアノ)
 パスカル・ドヴォワイヨン(ピアノ)
 ジャック・ゴーティエ(ピアノ:1,3)
 ジャン=フランソワ・パイヤール指揮、パイヤール室内管弦楽団
 録音:1981年1月3-6日、パリ、フランス国立音響音楽研究所

プーランク:
4. 2台のピアノのための協奏曲ニ短調 FP.61

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 ジャン=ベルナール・ポミエ(ピアノ)
 リチャード・ヒコックス指揮、シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア
 録音:1990年12月12,13日、ロンドン、ブラックヒース・コンサート・ホール

Disc15
1. ハイドン:ピアノ協奏曲ニ長調 Hob.XVIII-11
2. ハイドン:ピアノ協奏曲ト長調 Hob.XVIII-4

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 アルミン・ジョルダン指揮、ローザンヌ室内管弦楽団
 録音:1981年11月、ローザンヌ、カジノ・ド・モンブノン

3. フンメル:社交のロンド ニ長調 Op.117

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 ジャン=フランソワ・パイヤール指揮、パイヤール室内管弦楽団
 録音:1972年6月16日、ノートルダム・デュ・リバン教会

Disc16
1. ベートーヴェン:エリーゼのために WoO.59
2. ショパン:子守歌 Op.57
3. メンデルスゾーン:紡ぎ歌 Op.67-4
4. シューベルト:ハンガリアン・メロディー D.817
5. ドビュッシー:月の光
6. スカルラッティ:ソナタ ロ短調 K.27
7. J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
8. ショパン:幻想即興曲 Op.66
9. J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より前奏曲第1番ハ長調 BWV.846
10. ダカン:かっこう
11. サティ:グノシェンヌ第1番
12. ヘンデル:メヌエット ト短調
13. ブラームス:ワルツ 変イ長調 Op.39-15
14. ドビュッシー;水の反映
15. ショパン:練習曲 ハ短調 Op.10-12『革命』
16. ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調 Op.3-2
17. ファリャ:火祭りの踊り

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1985年2月14,15日、伊勢原市民会館

Disc17
サティ:
1. 6つのグノシェンヌ
2. 犬のためのぶよぶした真の前奏曲
3. 古い金貨と古い甲冑
4. あらゆる意味にでっちあげられた数章
5. 3つのジムノペディ
6. ひからびた胎児
7. おまえが欲しい
8. 官僚的なソナチネ
9. 世紀ごとの時間と瞬間の時間
10. ピカデリー
11. 最後から2番目の思想
12. スポーツと気晴らし

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1988年3月、イギリス、ニューベリー近郊、イースト・ウッドヘイ、セント・マーティンズ教会

Disc18
サティ:
1. でぶっちょ木製人形へのスケッチとからかい
2. 自動記述法
3. 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
4. 舞踏への小序曲
5. 青年期の2つの小品
6. 踊る操り人形
7. 愛撫
8. ゆがんだ踊り
9. 冷たい小品集〜逃げ出させる歌
10. 冷たい小品集〜ゆがんだ踊り
11. バラ十字教団の最初の思想
12. 天国の英雄的な門への前奏曲
13. パッサカリア
14. 壁紙としての前奏曲
15. 金の粉
16. 梨の形をした3つの小品
17. 風変わりな美女

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1988年3月、1990年10月、イギリス、ニューベリー近郊、イースト・ウッドヘイ、セント・マーティンズ教会

Disc19
ラヴェル:
1. クープランの墓 M.68
2. 亡き王女のためのパヴァーヌ M.19
3. 古風なメヌエット M.7
4. 鏡 M.43

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1990年10月、イギリス、ニューベリー近郊、イースト・ウッドヘイ、セント・マーティンズ教会

Disc20
ラヴェル:
1. 水の戯れ M.30
2. ソナチネ M.40
3. 前奏曲 M.65
4. グロテスクなセレナード M.5
5. 高雅で感傷的なワルツ M.61
6. ハイドンの名によるメヌエット M.58
7. …風に M.63
8. 夜のガスパール M.55

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

 録音:1992年9月、イギリス、ニューベリー近郊、イースト・ウッドヘイ、セント・マーティンズ教会

Disc21
デュティユー:
1. ピアノ・ソナタ
2. 3つの前奏曲
3. 全ての道は、ローマに通ず
4. 田園詩
5. ブラックバード
6. 響き
7. 響きの相貌(2台ピアノのための)
8. 波にまかせて

 アンヌ・ケフェレック(ピアノ)
 クリスチャン・イヴァルディ(ピアノ:7)

 録音:1996年2月14-17日、ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール

 1970〜1996年(ステレオ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
堪能した わたしのようなピアノ嫌いが21枚...

投稿日:2019/02/09 (土)

堪能した わたしのようなピアノ嫌いが21枚ものアルバムを聴き通すのは不可能と思われた ところが聴きだしたら止まらなくなった ほとんどが聴き逃すというより 当時興味がなかったから視野に入っていなかったレコードだ ケフェレックのキャリアの前半25年余りの記録なのだが 採り上げた系統は ドイツ系が8枚分 フランス系が9枚分 スカルラッティ ショパン リストが各1枚 そして小品集が1枚である ドイツ系は分量順にシューベルト バッハ ベートーヴェンとメンデルスゾーン ハイドン そしてフンメルであり フランス系はラヴェル サティ ドビュッシー フォーレとディティーユ そしてプーランクと6人ずつだ ピアニスト ケフェレックの拠って立つ位置が明確だ 取り分けシューベルトとラヴェル そしてバッハとサティに重心を置いていることが見て取れる 抒情性と構築性をその音楽の骨子としている いかなる場合も明晰性を失わない構図と淀みなく流れる清水のような清澄さと軽妙にして明朗な響きは 音楽が人間にもたらすべきカタルシスを確かに残していく 後半の今に至る録音も聴かなければと思う あなたも如何   

風信子 さん | 茨城県 | 不明

13
★
★
★
★
★
CD化を待望していたショパンのスケルツォ...

投稿日:2019/01/21 (月)

CD化を待望していたショパンのスケルツォ・即興曲全集一枚を聴くために21枚買ってしまったようなものだが、これはいい。アナログレコードを聴いていた時は、清純だが線は細目と思っていたのだが、聴き直すと結構強靭。マスタリングも演奏雑音が明確になるほど鮮明に出来ていて、オリジナルジャケット仕様も見ていて美しく、厚さも22枚組アルゲリッチよりコンパクト。箱物買いでは久々に感動した。ただ、バッハの3台ピアノ協奏曲演奏者が誤掲載という日本語シールが貼ってあるのだが、実物ジャケットにはちゃんとケフェレック不参加表記がしてあるになとは思う。

ぬぬぬ さん | 不明 | 不明

9

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品