SACD 輸入盤

『景色はみな調和していた〜シェーンベルク、ショートフン、ヴァリーン』 ケンネト・カールソン

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2L085SACD
組み枚数
:
1
レーベル
:
2l
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
輸入盤

商品説明

シェーンベルクのピアノ曲へのオマージュ

「景色はみな調和していた」は、チカーダ・アンサンブルのピアニスト、芸術面のリーダーを務めるスウェーデン出身のケンネト・カールソン[1952-]のソロ・アルバム。シェーンベルクの作品を核に、ノルウェーを代表する作曲家ふたり、ロルフ・ヴァリーン[1957-]とアスビョルン・ショートフン[1961-]の作品を配した構成がとられています。
 「調和した景色」の中心にあるシェーベルクの『6つのピアノ小品』は1911年の作品。最初の5曲が一日で書き上げられたのち、友人グスタフ・マーラーの死の2ヶ月後に第6曲が追加され、記念碑的大作の『グレの歌』を完成させたのと同時期に作曲されています。『12のピアノ小品』は、シェーンベルクの『6つのピアノ小品』に、気心の知れた間柄であるヴァリーンとショートフンが「シェーンベルクと同じように一日で」作曲した「作品19への注釈」を3曲ずつ加えた曲集です。この曲集が加わったことで、「予定されたという感じの少ない、もっと自発的な何かがあれば」というカールソンの希望が叶いました。
 さらに、このアルバムではヴァリーンとショートフンの曲が2曲ずつ演奏されています。ヴァリーンの『7つの命令』は、ベルゲンのダンス・カンパニー、カルト・ブランシュとピアニストのホーコン・アウストボーのために作曲した、アルファベット4字からなる「命令」をタイトルとする7曲、約21分の音楽です。『エチュード3』は、ヴァリーンが作曲した4曲の「エチュード」のひとつ。この録音のために改訂した版が演奏されています。
 ショートフンの『ある知られざる交響曲のトランスクリプション』は、2003年、ショートフンもカールソンも「モダニスト流のセリー音楽にいささか飽き飽きしていた」ころ、委嘱により作曲されました。シューマンとスクリャービンの表現形式をイメージしながら作曲が進められ、2011年に最終稿が完成しています。『ストラヴィンスキーがバッハになり、ショートフンがフレスコバルディになる』は、ショートフンが近年インスピレーションの源とすることが多いというストラヴィンスキーを基点にフレスコバルディにまで展開していく、美しい小品です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
『景色はみな調和していた/ケンネト・カールソン』
・ヴァリーン:7つの命令 (2001)(捜せ/押せ/沈め/紡げ/突け/寄りかかれ/やめろ)
・シェーンベルク/ショートフン/ヴァリーン:12のピアノ小品(シェーンベルク:6つのピアノ小品 op.19+ヴァリーンとショートフンによるシェーンベルクのop.19への6つの注釈)
・ショートフン:ある知られざる交響曲のトランスクリプション (2003-06 rev.2011)
・ショートフン:ストラヴィンスキーがバッハになり、ショートフンがフレスコバルディになる
・ヴァリーン:エチュード3
・シェーンベルク:6つのピアノ小品 op.19

 ケンネト・カールソン(ピアノ)

 録音時期:2008年6月、2010年12月、2011年4月
 録音場所:ノルウェー、ベールム、ヘニ・オンスタ芸術センター
 録音方式:ステレオ(DXD 352.8kHz/24bit/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND

収録曲   

  • 01. Seek
  • 02. Push
  • 03. Sink
  • 04. Spin
  • 05. Stab
  • 06. Lean
  • 07. Quit
  • 08. I
  • 09. II
  • 10. III
  • 11. IV
  • 12. V
  • 13. VI
  • 14. VII
  • 15. VIII
  • 16. IX
  • 17. X
  • 18. XI
  • 19. XII
  • 20. Transcriptions of An Unknown Symphony
  • 21. Stravinsky Goes Bach and Schaathun Goes Frescobaldi
  • 22. Etude 3
  • 23. 6 Kleine Klavierstucke, Op. 19

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
単純に2Lレーベルのピアノ録音が聴いてみ...

投稿日:2019/04/19 (金)

単純に2Lレーベルのピアノ録音が聴いてみたく購入しましたが、今まで聴いたどんなピアノ録音よりも、断トツで音が良いです。音楽はクリスタルガラスで創造された現代芸術を見る印象でしょうか。是非購入を勧めます。音楽的にもオーディオ的にもリファレンスになります。何度聴いても飽きません。

H.T さん | 東京都 | 不明

0

ピアノ作品集に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品