CD 輸入盤

「グラドゥス・アド・パルナッスム(パルナッソス山への階梯)」 デームス(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DEMUSICA75
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

デームス/グラドゥス・アド・パルナッスム(2CD)

クレメンティの大規模な練習曲集のタイトル『グラドゥス・アド・パルナッスム』は、芸術や学問の聖地にたとえられるパルナッソス山に到達するには、技術を習得してはしごを登らなければならないといった意味でつけられたものです。
 ドビュッシーは『子供の領分』の第1曲「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」で、その練習曲集に取り組む子供の様子を生き生きと描いており、当アルバムでもその曲を聴くことができます。
 面白いのはこの2枚組アルバムにも、なぜかデームス自身によって『グラドゥス・アド・パルナッスム』というラテン語のタイトルが付されている点で、ピアノ音楽の歴史が、楽器の変貌と不可分に培われてきたことを、聖地へのはしごにたとえているかのようです。

CD1
・J.S.バッハ:アルマンド(フランス組曲ト長調より)
・J.S.バッハ:サラバンド(フランス組曲ト長調より)
・J.S.バッハ:フーガ(平均律クラヴィーア集第1集ニ長調より)
・J.S.バッハ:シンフォニア変ホ長調
・デムス:シンフォニア嬰ハ短調
・クラーク:アリア
・モーツァルト:メヌエットト長調KV.1
・モーツァルト:クーラント変ホ長調KV.399/3
・モーツァルト:幻想曲ハ短調KV.396
・モーツァルト:幻想曲ニ短調KV.397
・ハイドン:アンダンテ・コンと変奏ヘ短調
・クレメンティ:ソナチネハ長調
・ベートーヴェン:バガテル Op.119/3 126/3
・ベートーヴェン:エリーゼのために
・ベートーヴェン:ソナタ変イ長調

CD2
・シューマン:メロディ/夜に
・シューマン:アウフトレーゲ:エリー・アーメリンク(ソプラノ)
・シューベルト野ばら:ヴェレーナ・クラウセ(ソプラノ)
・シューマン:間奏曲(ウィーンの謝肉祭の道化より)
・シューマン:森の入り口で/孤独な花/親しみのある風景(森の情景より)
・ショパン:前奏曲Op,28/ 4,9,11,15&17
・ショパン:夜想曲Op,62/2
・ドビュッシー:グラドゥス・アド・パルナッスム博士/小さな黒人
・フランク:前奏曲、フーガと変奏曲/フーガ/変奏曲
・リスト:ペトラルカのソネット123変イ長調
・デムス:アーベントグロッケン
・ベルク:ソナタロ短調より
・ブラームス:間奏曲Op.116/6
・ブラームス:狂詩曲Op.79/2
・ドビュッシー:前奏曲集より第1集 #7西風の見たもの/#10沈める寺
・ドビュッシー:前奏曲集より第2集#12花火


【許光俊の言いたい放題から】

...ところで、ピアノという楽器が、チェンバロからさまざまな変化、発展を経て現在の形になったことはよく知られている。フォルテピアノだのクラヴィーアだの、製作者だの、レプリカだの、私たちがピアノに先立つ鍵盤楽器についての情報に触れる機会も増えた。イェルク・デームスがたくさんの楽器で、それが製作された時代に作曲された名曲を弾いた2枚組「グラドゥス・アド・パルナッスム(パルナッソス山への階梯)」は、ざっと鍵盤楽器の歴史を一目で見渡せるきわめて便利なセットだ(よけいなお節介だが、「ピアノの歴史」とか何とか、わかりやすい名前をつけていたら、もっと売れるだろうに)。
 バッハからモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ショパンを経てドビュッシーやベルクまで、弾かれているのは大半が非常に有名な曲ばかり。そのために用いられた楽器はなんと約30にのぼる。確かに、オリジナル原理主義者たちが主張するように、それぞれには少なからず違いがある。私たちが慣れ親しんでいるスタインウェイの現代ピアノと大きく異なる響きもする。ショパンの遺作のノクターンなど、「はあ?」と驚くような不思議な音色だ。
 しかし、それを超えた共通性があるのも事実。作品の性格を理解できていれば、適切な演奏を行うことに何の問題もなかろうと私には思われた。改めて、作品自体が持つ表現の強さを思い知らされるのだ。
 デームスの演奏は、ドイツ、オーストリアの本流を行く人らしく、柔らかい情感のこもったロマンティックなもので、好ましい。最後に入っているドビュッシーはベーゼンドルファー・インペリアルで弾かれているが、神秘的なまでに美しいピアノの音を満喫させてくれる。特に「沈める寺」はこの楽器の重厚で深い響きと合致した絶品だ。ドイツ・オーストリア人が弾くドビュッシーだから、などと敬遠せず、聴いてみるといい。

(きょみつとし 音楽評論家、慶応大学教授) 

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ピアノ作品集に関連するトピックス

  • 【LP】エレーヌ・グリモー/メモリー 現代屈指のピアニスト、グリモーの最新盤はサティ、ドビュッシー、ショパン、シルヴェストロフという感性溢れる4人の繊細な作品を編み上げ、ニティン・ソーニーの作品で終止する美しきアルバム。 HMV&BOOKS online|2018年09月28日 (金) 14:50
  • ピリス/DGソロ・レコーディング全集(20CD) ピリスが1989年から2012年にかけての23年間にドイツ・グラモフォンでおこなったレコーディングからソロ録音を集めたセットです。 HMV&BOOKS online|2014年04月16日 (水) 18:50

器楽曲 に関連する商品情報

  • イヴォンヌ・ロリオ/VEGA録音全集 1956-1963(13CD) フランスのピアニスト、イヴォンヌ・ロリオが「VEGA」レーベルに残した全録音(1956年−1963年)に、「Boite a Musique」「Club Francais du Disque」録音をセットした13枚組ボックスが登場。 HMV&BOOKS online|21時間前
  • リシッツァ/チャイコフスキー:ソロ・ピアノ作品全集(10CD) ウクライナ出身のピアニスト、ヴァレンティーナ・リシッツァがチャイコフスキーのソロ・ピアノ作品全曲を録音。『戴冠式祝典行進曲』、『スラヴ行進曲』、大序曲『1812年』、バレエ音楽『くるみ割り人形』などのソロ・ピアノ編曲版も収録されています。 HMV&BOOKS online|22時間前
  • フランス万歳!〜ルール・ピアノ・フェスティヴァル第37集 ルール地方で毎年行われるこのピアノ・フェスティヴァルはドイツでも最大級の音楽祭。シリーズ37集となる今作にはドビュッシー没後100年に沸いた2018年の演奏会を収録。ドビュッシーにサン=サーンスやショーソンを組み合わせ、フランス音楽の粋を楽しむアルバムとなっています。 HMV&BOOKS online|22時間前
  • 【在庫特価】タチアーナ・ニコラーエワ/1987年ザルツブルク・リサイタル 1987年8月18日、ザルツブルク祝祭小劇場でのライヴ録音。在庫限りの特別価格です。 HMV&BOOKS online|1日前
  • 【在庫特価】レーガー:ピアノ作品全集(12CD) マルクス・ベッカーによる高評価全集。代表作「バッハの主題による変奏曲とフーガ」などに聴かれる込み入った書法と複雑な和声の魅力は慣れれば病みつきに。在庫限りの特別価格です。 HMV&BOOKS online|5日前
  • クリッヒェル/『遥かな恋人に寄す』 ドイツの俊英ピアニスト、アレクサンダー・クリッヒェル。今回はクリッヒェルが最初に録音したアルバム「春の夜〜メンデルスゾーン、シューベルト、リスト、シューマン」に続く、ドイツ文学的な強いテーマ性を持つ作品を1枚に収めた注目盤です。 HMV&BOOKS online|5日前

おすすめの商品