CD 輸入盤

ミケランジェリ ベヒシュタインを弾く! グランジュ・ドゥ・メレ・ライヴ(1975)(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALT272
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ミケランジェリ ベヒシュタインを弾く!
グランジュ・ドゥ・メレ ライヴ
音はかなり悪いですが貴重な録音


驚くことにミケランジェリがベヒシュタインを弾いた唯一のディスクが発売されます。この音楽祭に関わった久保木泰夫氏によると『ベヒシュタインのピアノを弾くミケランジェリを聴くのは恐らく誰もが初めてだろう。この繊細な音色と優美な響きが魅力のベヒシュタインを慈しむように弾くその姿はエレガントそのものである。いつものテンポよりかなり遅めのテンポで弾くシューベルトやベートーヴェンでは間の取り方も一風変わった今までに聴いたことのない演奏である。そして美の極致となるショパンの葬送行進曲の敬虔で堂々とした中間部の繰り返しで聴衆席を一瞥するミケランジェリの忘れ難い恍惚の表情には最上の美を共感できる歓びに満ちあふれていた。』と評される極上の演奏会の大変貴重なドキュメントです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
Disc1
・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番変ニ長調 Op.26『葬送』
・シューベルト:ピアノ・ソナタ第4番 イ短調 Op.164/D.537

Disc2
・ドビュッシー:映像第2集〜第1曲「葉ずえを渡る鐘の音」
・ドビュッシー:映像第1集〜第2曲「ラモーをたたえて」
・ドビュッシー:映像第1集〜第1曲「水に映る影」
・ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ長調『葬送行進曲』Op.35

 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ/ベヒシュタイン)

 録音時期:1975年6月26日
 録音場所:グランジュ・ドゥ・メレ

 ディスクは国内プレスとなります

内容詳細

完璧主義者として知られたミケランジェリ(1920〜95)だけに、このライヴにも隙がない。とは言え、息苦しいほどに張り詰めた緊張感はなく、むしろリラックスして作品の魅力を楽しんでいるかのようにも聴ける。個性的なベヒシュタインも、ミケランジェリ色になってしまうのはさすがだ。(堀)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
5
★
☆
☆
☆
☆
椋代さん、コメント有り難うございます。また、...

投稿日:2015/03/05 (木)

椋代さん、コメント有り難うございます。また、他のレビュアーの方々にも、感謝申し上げます。 事情通による海賊版同然の録音、当演奏には無関係の署名、おまけに、音楽を愛する人は看過すべしと言われたら、すっかり買う気が失せました。ミケランジェリをこよなく愛する僕ですが、彼の名誉の為にも、聴かないことにします。 演奏曲目も、彼の十八番レパートリーなので、他の録音で十分ですね。 奇しくも今年はミケランジェリの没後20年。良質な録音が発掘され、彼の真価が世に知れ渡ることを願ってやみません。

遊悠音詩人 さん | 埼玉県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
This is a pirate recording by ”music co...

投稿日:2014/08/27 (水)

This is a pirate recording by ”music connoisseur(s).” Secretly recorded by one of them, possibly the writer of the liner. I do own Maestro Benedetti Michelangeli’s autograph, but I’ve acquired via authentic company. And the photo and Maestro Benedetti Michelangeli signature is specially written for the photographer who was with him during rehearsal of his only Salzburg Festival appearance in 1965 at Mozarteum. There are frauds in the classical music business too as shown in the case of Dinu Lipatti Busancon recital project by Sunless Film tied up with Opus Kura. Pass this CD is the way true music lover should take.

1
★
★
★
★
★
このCDは、演奏会場の音を十分に良く捉え...

投稿日:2014/03/21 (金)

このCDは、演奏会場の音を十分に良く捉えています。小さい会場なのでしょう、ペダルの使用を抑制して演奏されています。2000人も入るような大きい演奏会場で、ペダルを多用した演奏を期待しているとがっかりするかもしれませんが、室内楽などのための200ー300人程度のホールで演奏するとこういう感じになります。本来、リスト以外の多くの作曲家は、このような小さい規模の演奏会場のために曲を作っていたのですから、自然な音響であると言ってもよいと思います。テープのヒスは多いのですが、これを気にしない聴き方ができるのであれば、当盤は、音質も演奏内容も、大変に良いものです。大会場での緊張感溢れるミケランジェリの演奏を期待する方からは期待外れと言われるかと思いますが、彼本来の「イタリアの片田舎での大旦那様が地元の人に音楽を聴かせる」というような素朴な味わいが、このCDからは感じられます。聴衆や主催者との信頼関係が演奏内容に良い影響を与えているような気配が感じ取れる貴重な記録です。このCDのマスターの作成は、過度なノイズ除去を行なわなかったという点で大変に良心的且つ音楽的であると思います。この音源は、想像をたくましくすると、恐らく主催者が吊りマイクで収録したか、演奏家に頼み込んで記念として収録したものではないかと思います。聴き方にもよりますが、通常の放送録音のような加工がされていないだけに、素直に味わえる録音になっていると思います。マスターで過度な加工を行なわなかったことは好判断と思います。

slave さん | 東京都 | 不明

1

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品