SACD

ジュリアス・カッチェン初来日公演1954

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TYGE60009
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

TBS Vintage Classics
ジュリアス・カッチェン初来日公演


〜眠っていた巨匠たちのジャパン・ライヴが今、甦る〜
TBSの倉庫で眠っていた貴重な世界の巨匠たちのジャパン・ライヴ音源を
最新リマスター、SACDハイブリッドで発売!

若きカッチェンの真価を示す、初来日時のライヴ録音が登場!
ヨーロッパ以外のアーティストとして初来日したアメリカ人ピアニスト、ジュリアス・カッチェン(当時28歳)の初来日公演。1954年。(UNIVERSAL/EMI)

【収録情報】
・ショパン:バラード第3番変イ長調 op.47
・ショパン:ワルツ第1番変ホ長調 op.18『華麗なる大円舞曲』
・ショパン:スケルツォ第3番嬰ハ短調 op.39
・ショパン:子守歌 変ニ長調 op.5
・ショパン:ポロネーズ第6番変イ長調 op.53『英雄』
・リスト:『詩的で宗教的な調べ』より第7曲『葬送』
・ショパン:練習曲 第7番嬰ハ短調 op.25-7
・ショパン:練習曲 第11番イ短調 op.25-11『木枯らし』
・ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
・ドビュッシー:前奏曲集第1巻より『沈める寺』
・バルトーク:『ミクロコスモス』第151番『ブルガリアのリズムによる舞曲 第4番』
・バルトーク:『ミクロコスモス』第153番『ブルガリアのリズムによる舞曲 第6番』
・ファリャ:バレエ音楽『恋は魔術師』より『火祭りの踊り』

 ジュリアス・カッチェン(ピアノ)

 録音時期:1954年12月1日
 録音方式:モノラル(ライヴ)
 SACD Hybrid

内容詳細

42歳という若さで亡くなったアメリカの名ピアニスト、カッチェンが1954年(昭和29年)に初来日した時のライヴ録音。時に28歳、上り調子の最高の時期だったが、新聞評は悪かった。その評価がいかに間違っていたかはこの演奏を聴けばよく分かる。硬軟併せ持った豊かな音楽性が迸っている。(T)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品