ビーバー(1644-1704)

ビーバー(1644-1704) レビュー一覧 3ページ目

ビーバー(1644-1704) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

39件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • こういった宗教曲、しかも声楽の演奏を評価するのは難...

    投稿日:2005/09/21

    こういった宗教曲、しかも声楽の演奏を評価するのは難しいと思います。しかしマンゼの感性豊かな音楽作りはダイレクトに伝わってきます。ほんとうに美しい内容です。興味のあられる方はぜひ一度お聴きください。

    KURO さん

    0
  • ただただその音響の中に浸っていたい、そんな感じもす...

    投稿日:2004/12/17

    ただただその音響の中に浸っていたい、そんな感じもする一方で、じっくりと聴きこむこともできる魅惑的な盤です。

    engage 1 さん

    0
  • ホントにいいCDです。ビーバーの、というよりバロック...

    投稿日:2004/08/24

    ホントにいいCDです。ビーバーの、というよりバロック・ヴァイオリンの魅力がこれほどストレートに伝わる曲・演奏ってなかなか無いと思います。間違いなくハマります。

    Gilles さん |20代

    4
  • 斬新な演奏を期待する向きには、確かにそれほどの演奏...

    投稿日:2004/04/13

    斬新な演奏を期待する向きには、確かにそれほどの演奏ではないかもしれません。しかし憂いを含んだビーバーの深い音楽性をよく掴んだ味わいのある合奏となっているように感じます。 じっくりとブレンドされたコーヒーの香りのような、そんな雰囲気を持つ魅力的な一枚だと思います。

    KURO さん

    1
  • いやー、自分の知らない素晴らしい曲はまだまだたくさ...

    投稿日:2003/01/27

    いやー、自分の知らない素晴らしい曲はまだまだたくさんあるなあ、と思いました。聖堂での録音のせいか音響的にも楽しめます。サヴァ−ルのCDをもっと聴いてみよう。

    fuka さん

    1
  • かつてのLP時代、オーディオ雑誌を賑わした録音。70年...

    投稿日:2013/01/28

    かつてのLP時代、オーディオ雑誌を賑わした録音。70年代後半から80年代の当時は、ビーバーでなくべネヴォリ作となっていた。多声部と教会の複雑な響きを記録した優秀録音として評価されていた。いま聴くと、古楽演奏としては中途半端な印象が否めないのだが、堅苦しいことを思わずに音の饗宴として楽しめば心地よい。古臭いと切りすてられ、廃盤の憂き目にあいそうだが、まだ生き残っているのはうれしいものだ。

    eroicka さん |40代

    0
  • この値段ですからこの曲への入り口として最適の1枚と...

    投稿日:2011/12/28

    この値段ですからこの曲への入り口として最適の1枚と思います。ですがそれだけと言うにはもったいない出来。17世紀という時代を超えた幻想味とロマンティックとさえ言いたい曲の魅力は十分に表現されていると言えましょう。通奏低音の楽器編成も面白いもので、古雅でありながら多彩な音空間を展開しています。初めて聴く方でも飽きさせることはないはずです。バロックのレパートリーとしても、これはお勧めの1枚です。

    Nokton さん |50代

    0
  • 17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オー...

    投稿日:2009/01/17

    17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オーストリア)による「バータリア」は以前同じメンバーで1965年収録されたものと同じ音源前提でコメントしますと曲自体がいきいきしている事にもよりますが古楽器に注力しモンテベルディ等の演奏に意欲を燃やしつつあったVSO出身のアーノンクールがその表現力をフルに発揮させた面白い盤で不協和音、ヴァイオリン弓の扱い、コントラバス〜ヴァイオリンの競奏、バルトークを思わせるようなピッチカート様弦効果・・・・アーノンクールが後年リリースする「四季」が成程と思われ他の曲も含め貴重盤。

    一人のクラシックオールドファン さん

    2
  • 17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オー...

    投稿日:2009/01/16

    17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オーストリア)による「戦争」は以前同じメンバーでARCHIV1965年収録されたものと同じ音源前提でコメントしますと曲自体がいきいきしている事にもよりますが古楽器に注力しモンテベルディ等の演奏に意欲を燃やしつつあったVSO出身のアーノンクールがその表現力をフルに発揮させた面白い盤で不協和音、ヴァイオリン弓の扱い、コントラバス〜ヴァイオリンの競奏、バルトークを思わせるようなピッチカート様弦効果・・・・アーノンクールが後年リリースする「四季」が成程と思われ他の曲も含め貴重盤。

    一人のクラシックオールドファン さん

    0
  • 17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オー...

    投稿日:2009/01/15

    17世紀〜18世紀初頭にその生涯を送ったビーバー(オーストリア)による「戦争」は以前同じメンバーでARCHIV1965年収録されたものと同じ音源前提でコメントしますと曲自体がいきいきしている事にもよりますが古楽器に注力しモンテベルディ等の演奏に意欲を燃やしつつあったVSO出身のアーノンクールがその表現力をフルに発揮させた面白い盤で不協和音、ヴァイオリン弓の扱い、コントラバス〜ヴァイオリンの競奏、バルトークを思わせるようなピッチカート様弦効果・・・・アーノンクールが後年リリースする「四季」が成程と思われ他の曲も含め貴重盤。

    一人のクラシックオールドファン さん

    2

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%