ビーバー(1644-1704)
新商品あり

ビーバー(1644-1704) レビュー一覧 3ページ目

ビーバー(1644-1704) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

39件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ビーバーと言えば『ロザリオ』ですが、ソナタも実に素...

    投稿日:2007/11/28

    ビーバーと言えば『ロザリオ』ですが、ソナタも実に素晴らしいです。ホロウェイのヴァイオリンも良いのですが、録音も素晴らしいです。バロックに興味のある方は是非!

    楽楽 さん

    0
  • この曲は昔から「ロザリオの祈り」ソナタとか、「ロザ...

    投稿日:2007/10/16

    この曲は昔から「ロザリオの祈り」ソナタとか、「ロザリオ・ソナタ」とか呼ばれていたもので、タイトルに全く問題はない。スコルダトゥーラを多用し、「そんなことをして、ヴァイオリンがうまく鳴るか、と思うような極端なスコルダトゥーラを試みている」と柴田南雄に言わせている。また、「この『ロザリオ・ソナタ』の第16曲は、これのみ無伴奏のパッサカリアで(中略)大バッハの『シャコンヌ』の明瞭な先駆である。」とも書いてある。しかし、そんな技巧をひけらかすことのない名演である。

    風街ろまん さん

    2
  • あらあら、買ってみて、聞いたら以前買った別のレーベ...

    投稿日:2007/10/11

    あらあら、買ってみて、聞いたら以前買った別のレーベルの「ミステリー・ソナタ ホロウェイ(vn)モロニー(cemb)、他(2CD)」と同じ曲でダブリでした。しかし、タイトルやレビューを見ると一見別の曲に思えますよ。こういう曲は私にとってダブリは必要ありませんので、もう少し丁寧にタイトルやレビューを表示いただければと思いました。

    顕 さん

    0
  • 安い。いい音。それなりに内容もある。買って損はなか...

    投稿日:2007/03/19

    安い。いい音。それなりに内容もある。買って損はなかったです。でも、高かったら買わないだろうな。こういうジャンルは。

    顕 さん

    1
  • ビーバーに共通していますが、メロディーが美しく清ら...

    投稿日:2006/09/13

    ビーバーに共通していますが、メロディーが美しく清らかです。バロックらしく天上に目がむくような空間的な広がりがあります。ソプラノが美しく演奏も洗練されています。

    南山 さん

    0
  • 聴けば聴くほど素晴らしいです。

    投稿日:2006/07/16

    聴けば聴くほど素晴らしいです。

    fuka さん

    0
  • マンゼを中心としてビーバーの素敵な演奏が今年いくつか出...

    投稿日:2005/12/29

    マンゼを中心としてビーバーの素敵な演奏が今年いくつか出ましたが最後にマクリーシュの素晴らしいCDが出ました。典礼的な気分が前面に出るサヴァールの演奏(それはそれですごく表情が豊かで大好きなんです)と異なり、余分な肉をそぎ落とした清澄な演奏が曲の素晴らしさを良く引き出しています。ラッススまで含めた構成も斬新で、聴かせることが上手な演奏家だと思わせます。

    fuka さん

    0
  • 久しく低調であった(と私は思う)マンゼが、ついにリリ...

    投稿日:2005/12/19

    久しく低調であった(と私は思う)マンゼが、ついにリリースしたロザリオ・ソナタ。彼のここ最近のリリースの中ではピカイチの出来である。だが、この曲にはいくつもの名盤がある。このアルバムがそれらを超えてのベストであるとは言えない。

    二条 さん

    2
  • 私も仲間入りさせて下さい。MAKをそれほど聴いてきた...

    投稿日:2005/12/16

    私も仲間入りさせて下さい。MAKをそれほど聴いてきた訳ではないので以前との比較はできませんが、attackの強い印象的な演奏だと思います。でもこの曲集良くできてますよね。当時は、現代よりもはるかに地域性とか時代性が曲想に影響を与えていると思いますが、そこに作曲家の個性が色濃く反映されて絶妙な音楽が生まれるのですね。それにしても今年はビーバーをよく聴きました。私にとって新しい世界が開けた一年でもありました。

    fuka さん

    0
  • 小雪ちらつく寒々とした曇天に覆われた地上から急角度...

    投稿日:2005/12/05

    小雪ちらつく寒々とした曇天に覆われた地上から急角度で舞い上がると、激しい揺れとともに雲の中に突入します。そして雲を突き抜けると眩しすぎる日光と青空、そしてどこまでも続く雲海。そこで響き渡るファンファーレとキリストの復活。そう機内にこのビーバーの傑作を持ってきたんです。ああなんとglorious!雲に浮かぶ天使のように音楽に一体化しました。僕はキリスト者ではないけれど神の威光を感じるのにこれ以上のシチュエーションはありません。こんな経験ができるなんて昔の人は予想もしなかっただろうな。でも観念的な法悦はこのレベルまで達していたのかもしれませんね

    fuka さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%