真説「たけし!」 オレの毒ガス半生記

ビートたけし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062563536
ISBN 10 : 4062563533
フォーマット
出版社
発行年月
1999年06月
日本
追加情報
:
301p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kaz さん

    前編「たけし!」と、後編「もうひとつのたけし!」の変化(進化)が面白い。前編の頃のたけしは、まだまだ若いし甘さが目立つ。それだけに、後編を記した50歳を超えた彼の成長ぶり、変貌ぶりには驚かされる。何が彼をそこまで成長させたのか。彼の成長を目標に、自分の成長にも期待したい。

  • koishikawa85 さん

    寂しい人だなあというのが第一印象。それからこの人は基本的に小器用な人なのだと思う。漫才、映画いずれも抜群の才能はないが、そこそこできる。大きく見られがちなのは時代の波にうまく乗ったから。やはり幸運児なのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビートたけしに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品