嫉妬の法則 はっきり言って暴言です 角川文庫

ビートたけし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043453016
ISBN 10 : 4043453019
フォーマット
出版社
発行年月
1998年08月
日本
追加情報
:
181p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ライアン さん

    これもバイク事故前に書かれたもの。こっちはタイトル通り暴言だらげで女の人が読んだら怒るじゃないかなという内容で実にたけしさんらしい!(笑)。「男の嘘は女の化粧と一緒」「自殺する人は愛も何もない人。自分に厳しいんだろうけど、自分に対する許容量が何もない人」「悩み事はゲーム」などなど面白かった

  • Kaz さん

    今まで読んだたけし本の中では最低の内容。おすすめできません。

  • meow3 さん

    主に男女関係やエロに関してのエッセイ。歯に衣を着せぬ正直な物言いで、顔も普通で年齢的にアレな自分にはイタタタという感じでした、題名の通り暴言(笑) 「とにもかくにも、成功するなんて二の次でさ、その仕事を選んで、それに満足できるかどうかだと思うぜ。それが当たる当たらないはまた別もんだから。」 この一文が好き。

  • ヒトチネス さん

    北野武らしい痛快な文章で、大笑いしながら読み終わりました^ ^

  • gender さん

    たけしの本は好きだ。みんながたけしのことを好きになっちゃう、愛嬌でなぜな許せてしまうのは、まあたけしだからなに言っても仕方ないよね、的な空気みたいなものがあるからなんだろうか。人間性が伴わないとできない暴言っていうのは面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品