ドーナッツをくれる郵便局と消えゆくダイナー 朝日文庫

ビル・ブライソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022613615
ISBN 10 : 4022613610
フォーマット
発行年月
2002年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
377p;15

内容詳細

郵便局でただでドーナッツがもらえる。通りの向かいの本屋に車がないと行けない。一日千人以上が枕で怪我をしている(どうやって?)。社会保障局はたまに電話がつながっても染みの抜き方しか教えてくれない…ぜーんぶあの国の真実の話。ベストセラー・コラムニストの爆笑最新刊。

目次 : 帰郷/ 郵便局へ/ ドラッグ・カルチャー/ 料理って何?/ それが、先生、ちょっと横になろうとしただけなんですが…/ 規則一―すべての規則に従うこと/ 私を野球場に連れて行って/ 助けて!/ 理髪店往訪/ ホットラインで〔ほか〕

【著者紹介】
ビル・ブライソン : 1951年アイオワ州デモイン生まれ。1977年に英国にわたりタイムズ、インディペンデントに勤務。英米両国の主要な出版物に寄稿した。1995年に帰国し、ニューイングランドに居を構え執筆活動に集中する。1996年に刊行された“Notes from a Small Island”(邦題『ビル・ブライソンのイギリス見て歩き』)が英米両国で大ベストセラーとなり、現在に至る

高橋佳奈子 : 1963年東京生まれ。東京外国語大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MICK KICHI さん

    2015年に公開された、R・レッドフォード主演の「ロング・トレイル」の作家。米国出身で、若くして英国でジャーナリスト活動の後、20年ぶりに帰国して改めて直面した米国の文化・生活習慣をアイロニカルに綴ったエッセイ集。今から20年前に書かれた文章なので、リアルタイムなアメリカ像とは違うにしても、語り口の面白さに笑ってしまう。田舎の町の郵便番号がモーニングよろしくドーナツを振る舞う一面、郵便制度の管理の脆弱性に驚く件、アメリカを象徴するダイナーやドライビング・シアターの姿等。家族思いの作者の七転八倒も楽しい。

  • アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯 さん

    イギリスで暮らしていたアメリカ人のコラムニスト、ビル・ブライソン氏がイギリス人の妻と子供と共にアメリカへ戻って感じたアメリカ生活の話をイギリスの読者向けに、ユーモアと皮肉たっぷりに書いたコラム集。

  • Prussian_Blue さん

    土屋賢二的面白さ。てかアメリカ(イギリス?)のツチケンはブライソンさんなのではないかとwこの語り口で9.11以降のアメリカについてのエッセイも読んでみたい気がします。B+

  • 小石川明美 さん

    素晴らしい皮肉屋ですな〜

  • ライクロフト さん

    何度目かの再読。長期間イギリスで過ごしてからアメリカに帰国した著者の、ユーモアたっぷりのコラム集。電車の中で何度か吹き出しそうになった。アメリカ人ってやっぱり変だと思ってしまうけど、それはどの国でも言えることだろう。でもやっぱり変だ(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ビル・ブライソン

1951年、アイオワ州デモイン生まれ。ノンフィクション作家。言語や紀行、アウトドア、科学など幅広いテーマで数々のベストセラーを出している。英国在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品