日本人はアメリカにだまされている このままでは日本人の99%は幸せになれない

ビル・トッテン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784341170431
ISBN 10 : 4341170430
フォーマット
発行年月
1994年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
204p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハンギ さん

    90年代中頃に書かれた本ですが、今読んでも面白かった。著者はアメリカ出身で日本でソフトウェア会社を企業した経営者。新自由主義の信奉者かというとそんな事はなく、社是に終身雇用の規定が入っているらしい。会社の事は社員に決めさせるべきというスタンスで、社員の声で社長室も移転させたという。なかなかできないですね。アメリカと日本を比較していますが、アメリカは暴力と麻薬の自由しかない、アメリカンドリームは過去のもの、という指摘は面白い。極端な貧富の差を容認して、まだアメリカが進んでいると言えるだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ビル・トッテン

正式日本名は「トッテン・ビル」。株式会社アシスト代表取締役会長。1941年、米国カリフォルニア州生まれ。63年、カリフォルニア州立大学卒業。専攻は数学。63年、ロックウェル社に勤務。67年、システム・デベロップメント社に転職。69年、同社に在籍中に南カリフォルニア大学で経済学博士号を取得。同年、初来

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品