CD 輸入盤

【中古:盤質A】 交響曲『ローマ』、小組曲、序曲『祖国』、序曲イ長調、葬送行進曲、他 タンゴー&アイルランド国立響

ビゼー(1838-1875)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
8573344
レーベル
International
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

ビゼー:交響曲『ローマ』、小組曲、序曲『祖国』、他
ジャン=リュック・タンゴー&アイルランド国立交響楽団


現在、世界のオペラ劇場になくてはならないレパートリーとなっている『カルメン』も、初演の際は大失敗。その失意を抱えたまま初演の3ヵ月後にこの世を去ってしまった悲しきビゼー・・・。彼がもっと長生きしていたら、フランスのオペラ史は大きく変化していたに違いありません。
 このアルバムは、そんなビゼーの知られざる作品集です。イ長調の序曲は彼がローマ賞を受賞する以前に書かれた最初の管弦楽作品です。しかし生前に発表されることも演奏されることもなく、そのままひっそりと残ってしまったものです。『葬送行進曲』はトゥーレの王の杯を題材としたオペラの前奏曲として用意されましたが、こちらも断片が残るのみです。『小組曲』は、もともと12曲からなるピアノ連弾のための『子供の遊び』の中から5曲を選んでビゼー自身がオーケストレーションを施したもの。『陣取り鬼ごっこ』も小組曲には含まれなかったものの、同じ曲集から取られたものです。序曲『祖国』は普仏戦争の時に盛り上がる愛国心が主題。勇壮な部分と悲痛な部分のコントラストが見事です。
 この盤のメインである『ローマ』は彼がイタリアに赴いた際に造り始めた作品で、最初は3曲からなる「ローマの思い出」として完成されたものに、1871年、他の曲のスケルツォとして構想された楽章を加えて4楽章にしたものですが、ビゼーの生前には演奏されることなく、1880年にようやく全曲が披露されました。次から次へと美しいメロディが溢れてきます。(NAXOS)

【収録情報】
ビゼー:
● 葬送行進曲 ロ短調 (1860)
● 序曲 イ長調 (c.1855)
● 序曲『祖国』 Op.19 (1873)
● 子供の遊び〜第8曲:陣取り鬼ごっこ(管弦楽版) (1871)
● 小組曲 Op.22 (1871)
 行進曲:ラッパと太鼓
 子守歌:お人形
 即興曲:こままわし
 二重奏:小さい旦那さんと小さい奥さん
 ギャロップ:舞踏会>
● 交響曲『ローマ』(1860-1868/rev.1871)

 アイルランド国立交響楽団
 ジャン=リュック・タンゴー(指揮)

 録音時期:2014年1月6-8日
 録音場所:アイルランド、ダブリン、ナショナル・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. 葬送行進曲 ロ短調
  • 02. 序曲 イ長調
  • 03. 序曲「祖国」
  • 04. 子供の遊び(管弦楽小組曲) - 第8曲 陣取り鬼ごっこ(管弦楽版)
  • 05. 小組曲(管弦楽小組曲の編曲) - No. 1. Marche: Trompette et tambour
  • 06. 小組曲(管弦楽小組曲の編曲) - No. 2. Berceuse: La Poupee
  • 07. 小組曲(管弦楽小組曲の編曲) - No. 3. Impromptu: La toupie
  • 08. 小組曲(管弦楽小組曲の編曲) - No. 4. Duo: Petit mari, petite femme
  • 09. 小組曲(管弦楽小組曲の編曲) - No. 5. Galop: Le bal
  • 10. 交響曲 「ローマ」 - T. Andante tranquillo - Allegro agitato - Andante
  • 11. 交響曲 「ローマ」 - U. Allegro vivace
  • 12. 交響曲 「ローマ」 - V. Andante molto
  • 13. 交響曲 「ローマ」 - W. Allegro vivacissimo

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ビゼーは無辺の大海に灯る一点の灯台の光だ...

投稿日:2017/05/07 (日)

ビゼーは無辺の大海に灯る一点の灯台の光だ 残る作品は限られているが何れ劣らぬ宝石なのは周知だが 高貴で華麗な宝珠ではない 市井の片隅に転がっているガラス玉に見えるほど質素で素朴な石だから 初めは気付かず見過ごしている だが一度触れなばその飾らぬ意匠から受けた印象を忘れることができなくなる 生前ビゼーの描いた美に皆気付かず無体に扱いビゼーから生きる力を奪った わたしたちはビゼーを愛している いっ時も忘れることができない 繰り返し繰り返し聴きたくなるその単純な音楽のどこから無限の魅力が放たれるのか タンゴー&アイルランドNSOは小気味好い演奏でビゼーに応えた この飾らぬ音楽に相応しい 爽快な初夏の風が似合う音楽そして演奏だ ご一聴を 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

0

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品