CD 輸入盤

『カルメン』第1組曲、第2組曲、『アルルの女』第1組曲、第2組曲 パブロ・ゴンザレス&バルセロナ交響楽団

ビゼー(1838-1875)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573546
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ビゼー:『カルメン』組曲、『アルルの女』組曲
パブロ・ゴンザレス&バルセロナ交響楽団


1875年3月3日の初演時には失敗だったというビゼーの歌劇『カルメン』。しかし現在では世界で最も人気のある歌劇の一つです。初演後、ビゼーの元にはウィーン公演の依頼も舞い込んでいましたが、もともと病弱であったビゼーは同年6月4日に急逝。依頼がかなうことはありませんでした。彼の死後、友人エルネスト・ギローが改作を施し、ウィーン公演にこぎつけたことも知られています。この組曲もギローの手によるもので、美しいメロディ満載のオペラから縦横無尽に音楽を取り出し、印象的にまとめています。ギローは『前奏曲』の有名な冒頭の部分を『闘牛士』として独立させ、第1組曲の最後に置くという独創的な方法を取り、これが「組曲」全体に良い緊張感をもたらしています。
 『アルルの女』の組曲はもう少し複雑な成立過程があり、第1組曲はビゼー自身の手によるもの、第2組曲はやはりギローが、他の作品からの曲も加え組曲としたもの。とはいえ、どれも原曲の良さが際立つ編曲です。(輸入元情報)

【収録情報】
● ビゼー:『カルメン』第1組曲(ギロー編)

 第1曲:前奏曲
 第2曲:アラゴネーズ
 第3曲:間奏曲
 第4曲:セギディーリャ
 第5曲:アルカラの竜騎兵
 第6曲:トレアドール(闘牛士)

● ビゼー:『カルメン』第2組曲(ギロー編)
 第1曲:密輸入者の行進
 第2曲:ハバネラ(恋は野の鳥)
 第3曲:夜想曲
 第4曲:闘牛士の歌
 第5曲:衛兵の交代
 第6曲:ジプシーの踊り

● ビゼー:『アルルの女』第1組曲
 第1曲:序曲
 第2曲:メヌエット
 第3曲:アダージェット
 第4曲:鐘(カリヨン)

● ビゼー:『アルルの女』第2組曲(ギロー編)
 第1曲:パストラーレ
 第2曲:間奏曲
 第3曲:メヌエット
 第4曲:ファランドール

 カタルーニャ州立バルセロナ交響楽団
 パブロ・ゴンザレス(指揮)

 録音時期:2015年5月12-15日
 録音場所:バルセロナ、パブロ・カザルス・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

ビゼーの二つの代表作による組曲を詰め込んだ楽しいアルバム。組曲の作り方にはおそらく常に異論が起きるものの、ビゼー作品の魅力が満載されていることに違いはない。ゴンザレス指揮バルセロナ響が、良く知られたメロディを丁寧に歌い込んでくれるのも嬉しい。プレゼントにも好適な一枚。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ビゼー(1838-1875)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品