CD 輸入盤

『カルメン』第1、2組曲、『アルルの女』第1、2組曲、交響曲ハ長調、他 シャルル・デュトワ&モントリオール交響楽団(2CD)

ビゼー(1838-1875)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
475190
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

商品説明

デュトワ/ビゼー:作品集

CD1:
・ビゼー:『アルルの女』第1組曲
・ビゼー:『アルルの女』第2組曲
・ビゼー:『カルメン』第1組曲
・ビゼー:『カルメン』第2組曲
 録音:1986年10月、聖ユスターシュ教会、モントリオール(デジタル)

CD2:
・ビゼー:序曲イ長調
・ビゼー:組曲『美しきパースの娘』
・ビゼー:交響曲ハ長調
・ビゼー:序曲『祖国』
 録音:1995年5月、10月、聖ユスターシュ教会、モントリオール(デジタル)

 モントリオール交響楽団
 シャルル・デュトワ(指揮)

収録曲   

  • 01. 1-4 L'Arlesienne, Suite No.1 - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 02. 5-8 L'Arlesienne, Suite No.2 - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 03. 9-13 Carmen, Suite No.1 - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 04. 14-19 Carmen, Suite No.2 - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 05. 1 Ouverture - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 06. 2-5 Scenes Bohemiennes - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 07. 6-9 Symphony in C - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)
  • 08. 10- Patrie - (with Dutoit/Orchestre Symphonique De Montr+Al)

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
デュトワ&モントリオール交響楽団がデッカ...

投稿日:2015/05/12 (火)

デュトワ&モントリオール交響楽団がデッカに入れたビゼーの管弦楽曲集である。 2003年の発売から12年、未だに現役盤という事はちょっとしたベストセラーといって良いだろう。 美しく、透明で華麗な演奏はさすがフランス物に定評のあるコンビなので見事だが、カルメンやアルルの女など良く知られた曲にはあと一つパンチが欲しい所です。 選曲では2枚目に収録された序曲イ長調が珍しく、他に音源がないというわけではないですが、貴重な一枚ではないでしょうか。 録音は一枚目、2枚目で丁度10年違いますが、どちらも音質良好です。

レインボー さん | 不明 | 不明

1
★
★
★
★
★
交響曲を除外しての感想。 モントリオール...

投稿日:2015/01/04 (日)

交響曲を除外しての感想。 モントリオール交響楽団らしい、フランスオケ以上のフランス的美学。 アルルの女もカルメンも、少々大げさなカラヤン盤とは対極。 音質も素晴らしい。

abbadondon さん | 栃木県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ビゼーのハ長調交響曲は十代に書かれたとい...

投稿日:2009/04/18 (土)

ビゼーのハ長調交響曲は十代に書かれたというわけではないのですがそう深く各演奏に求める事はないのですが親しみ易い各楽章・・第2楽章の緩徐章もそうですが昔TVニュースでは必ずバックミュージックがかかっており第3楽章が頻繁に政治・政界ニュースに使われていたので私は比較的早くから何とはなしに耳に馴染んでいました・・をどう変化球で対応するかが楽しみな曲です。デュトワはあまり小細工をしておらずもう少し小洒落た表現もちょっとと感じたのは贅沢なのでしょうか。他の曲についてももう一工夫デャトワならあって然るべきとも思いました。

一人のクラシックオールドファン さん | 芦屋 | 不明

0

ビゼー(1838-1875)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品