CD 輸入盤

『カルメン』全曲 クラウディオ・アバド&ロンドン交響楽団、テレサ・ベルガンサ、プラシド・ドミンゴ、他(1977 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ビゼー(1838-1875)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4838570
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ドラマティックで色鮮やかな指揮による人気オペラの名演

クラウディオ・アバドのドラマティックで色鮮やかな『カルメン』。スペインのメゾ・ソプラノ、テレサ・ベルガンサを主役に迎え、プラシド・ドミンゴ、イレアナ・コトルバス、シェリル・ミルンズといった錚々たる歌手が熱演を繰り広げています。
 オリジナル・アナログ・マスターより「Emil Berliner Studios」にて24bit/192kHzでリマスタリングされ、ブルーレイ・オーディオ付きで発売されます。キャップ・ボックス仕様。2CD+BDAセット。ライナーノーツ(英語、ドイツ語)掲載のブックレット(128ページ)付き。(輸入元情報)

【収録情報】
● ビゼー:歌劇『カルメン』全曲


 カルメン/テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ)
 ドン・ホセ/プラシド・ドミンゴ(テノール)
 ミカエラ/イレアナ・コトルバス(ソプラノ)
 エスカミーリョ/シェリル・ミルンズ(バリトン)
 モラレス/スチュアート・ハーリング(バリトン)
 スニーガ/ロバート・ロイド(バス)
 メルセデス/アリシア・ナフェ(メゾ・ソプラノ)
 フラスキータ/イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ)
 ダンカイロ/ゴードン・サンディソン(バリトン)
 レメンダート/ジェフリー・ポグソン(テノール)
 アンドレス/ジャン・レネ(テノール)
 ジプシー/レスリー・ファイソン(バリトン)
 アンブロジアン・シンガーズ
 ジョージ・ワトソンズ・カレッジ・ボーイズ・コーラス
 ロンドン交響楽団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1977年8月&9月
 録音場所:エディンバラ、ジョージ・ワトソンズ・カレッジ&ロンドン、セント・ジョンズ教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

収録曲   

  • 01. Introduction: Sur la place chacun passe
  • 02. Regardez donc cette petite
  • 03. Avec la garde montante
  • 04. Repos!
  • 05. Allons! Allons!
  • 06. Dites-moi, brigadier?
  • 07. La cloche a sonn
  • 08. Mais nous ne voyons pas la Carmencita
  • 09. Quand je vous aimerai? - L'amour est un oiseau rebelle
  • 10. Carmen, sur tes pas, nous nous pressons tous
  • 11. Monsieur le brigadier? - Parle-moi de ma mre!
  • 12. Votre mre avec moi sortait de la chapelle
  • 13. Ma mre, je la vois...
  • 14. Que son fils l'aime et la vnre - Eh bien, eh bien!
  • 15. Au secours!
  • 16. Voyons, brigadier... - Tra la la la...
  • 17. Chanson et Duo: Prs des remparts de Sville
  • 18. Le lieutenant!... Prenez garde.

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カタログNo:4838570(2CD+ブルーレイ・オ...

投稿日:2020/07/11 (土)

カタログNo:4838570(2CD+ブルーレイ・オーディオ)はサラウンド付き(DTS-HDMA5.1 24-bit/192kHz, Dolby Atmos 24-bit/48 kHz)であることを他サイトで知り購入。輸入元情報だけに頼らず記載してほしい。同時期発売の魔弾の射手(クライバー)とワルキューレ(カラヤン)はサラウンド付きか確認できないため購入見送り)。

DVDマニア さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
演奏・録音共にこのオペラの最高傑作です。...

投稿日:2020/05/18 (月)

演奏・録音共にこのオペラの最高傑作です。 ベルガンサは70年代後半が最全盛時代だったでしょう。これだけの、色気と気品の両方が併存したカルメンは他にありません。 ドミンゴもデジタル時代よりはるかに艶があります。 アバドの指揮も、オケも申し分なし。 録音もアナログ最終期ゆえ、デジタル初期よりDG独特のマストーンが実に美しい。 よくもこれだけ条件が揃った名演がCDで残っていたものです。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

2

ビゼー(1838-1875)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品