ヒンデミット(1895-1963)
新商品あり

ヒンデミット(1895-1963) レビュー一覧

ヒンデミット(1895-1963) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

101件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 美しい綺麗なだけなメロディーに聴き飽きている方はど...

    投稿日:2019/11/24

    美しい綺麗なだけなメロディーに聴き飽きている方はどうしても こういう音楽が聴きたくなる時期が来るのでしょうね。 強い音、優しい音のどちらも美しく奏でられており、 演奏技術が最高であることは言うまでもなく、音楽の表現力が素晴らしく、 文句なしの★5つです! 私は、ヒンデミットの音楽がここまで美しく奏でられた演奏に出会ったことはないので。これは必聴でしょう!

    nk さん |50代

    0
  • ヒンデミットといってもとてもなじみやすく、迫力あり...

    投稿日:2019/11/17

    ヒンデミットといってもとてもなじみやすく、迫力あり、ロマンティックで幻想的な側面もありと、とても良い曲です。演奏もすばらしいです。

    せごびあ さん |50代

    0
  • 未だに一つのレビューもないとは驚いた これほどの名...

    投稿日:2019/02/22

    未だに一つのレビューもないとは驚いた これほどの名曲・名演でありながら無視されるなんてあってはならない プログラムもポピュラリティのあるものを揃えて 誰にでも聴き易いではないか パーヴォも言っているようにヒンデミットの音楽はコンサートで聴く機会に恵まれない 偏に指揮者を生業とするものの怠慢と不勉強だろう 作曲されて80年前後時を経ても未だに聴衆の耳に届かないのは文化不毛の社会と言っていい ヒンデミットはウォルトンと並んで20世紀に輝ける芸術家である 人類の遺産となるべきものを時の彼方に埋もれさせていい訳が無い 多作家であったヒンデミットの音楽全てを一般聴衆が聴くのは難しいとしても コンサートに行けば頻繁に耳にできる状況が生まれなくてはならない Discにも様々な曲が様々な演奏家によって日々紹介されるようにならなくてはいけない 音楽家もディレッタントももっと広くを見て小さい声にも耳傾けよう 真に音楽を世界をそして人を愛する人と友でいたい あなたも如何  

    風信子 さん |60代

    1
  • ヒンデミットをラテンの楽団が演奏すると その音楽が...

    投稿日:2018/06/18

    ヒンデミットをラテンの楽団が演奏すると その音楽が内包するコスモポリタン性が浮かび上がってくる 選曲も相応しい 中世農民戦争の指導者画家マティーアス アッシジの聖フランチェスコ 両オペラからの交響楽とドイツ・ロマン派音楽の祖ウェーバーの主題による変奏曲 これらはどの時代のどこの国の人たちにとっても興味深くまた身に引き寄せて感じられ想像力を刺激してくれるテーマだ サンパウロ響の管楽器や打楽器の明るいソノリティがヒンデミットから軽みを引き出してみせる ヒンデミット音楽の重層した響きにばかり重きが置かれると 情趣が偏り音楽が固まって聞こえる このネシュリング盤はSACD効果もあり 立体的で風通しがいい構造に音楽を開いてくれている 疲れや眠りとは無縁な安らぎと伸びやかさに包まれる 何度でも聴きたくなる演奏だ もしまだなら あなたも如何

    風信子 さん |60代

    1
  • ヒンデミットの『画家マティス』がこれほどピアノ演奏...

    投稿日:2018/02/06

    ヒンデミットの『画家マティス』がこれほどピアノ演奏にしっくり馴染むとは、聴くまでは想像していませんでした。予想以上に素晴らしいです。

    テリーヌ さん |60代

    0
  • ヒンデミットはあらゆる楽器のためにソナタを書いたと...

    投稿日:2018/02/03

    ヒンデミットはあらゆる楽器のためにソナタを書いたと言われる 驚異の多作家に興味が湧く以上にその中から金管楽器のためのソナタだけをまとめた当ディスクはレコード史のなかで特異な光を放ち続けている それは類似のディスクを見ることがないからだ その特別な録音が誕生し残ることになった原因は明白だ それぞれの金管楽器を吹奏した名うての奏者故ではない 全てのソナタでピアノを弾いたのがグレン・グールドだったからだ ヒンデミットの評価が先に立っている グールドにヒンデミットは重要な作曲家であるという価値観があって可能になった録音だ 事実耳は等分以上にピアノに奪われる グールドは伴奏などしていない グールドの打楽器的ピアニズムが功を奏している 金管楽器と対等なDUOが丁々発止と展開される 驚くのはヒンデミットの金管吹奏の向こうに広がる静寂に気づいたことだ ヒンデミットは音色美を表現の根底に置いている グールドのピアノとて例外ではないことをグールドは自覚していた たった二つの楽器が描き出す夜空をずっと見上げていられる朋と聴こう あなたも如何  

    風信子 さん |60代

    0
  • ー対位法、調性及びピアノ奏法の研究ーと銘打った”音...

    投稿日:2017/12/06

    ー対位法、調性及びピアノ奏法の研究ーと銘打った”音の戯れ”は反十二音技法による無調音楽への試みと言っていい 調性音楽を拡張することで調性の香りを残しながら只管全十二音の均質平等等価による音楽へ接近しようとする 各所で響く和音は偶発せしものであり和声進行を前提としていない それでも随所に調性感を感じざるを得ない事実も突きつけている 演奏者は調性感を感知しながらも対位法として線の進行に専心しなければならず困難な均衡を取ることを常に強いられる ベレゾフスキー演奏の可否は作曲者ヒンデミットに引責がある 明らかに解決されないが和声音楽の書法に傾いてしまう部分があるからだ むしろ実験的な試みより音楽の渾身から滲み出す抒情性が浮上してきて聴く者の感性を撫でていく 曲が先へ進むに連れ”フーガ”は取り留めなく聞こえ 繋ぐ”間奏曲”の方に余韻というか余情が濃くなる 25曲目”後奏”は流石に曲も演奏も一頭地を抜く出来だと納得する 聴かないことには始まらないので お聴きになっては如何 ”ルードゥス・トナリス”の後で”1922年”は蛇足だろう   

    風信子 さん |60代

    0
  • とんでもなく面白い それだけに実演に触れる機会がな...

    投稿日:2017/11/11

    とんでもなく面白い それだけに実演に触れる機会がない 録音の効用大なるもやっぱり観て聴きたいものだ 20代のヒンデミットは過激な振る舞いの中にウイットとユーモアが溢れていて実に好い 先ず”ミニマックス”だろう 弦楽四重奏曲だが如何にも軍楽隊が演奏しそうな曲種のパロディを寛いで弾く 行進曲 序曲 間奏曲 ワルツと何処かで聞いたかなあといった趣でそれとなく有名曲の触りだか歪みだかが仕込んである クスッと鼻が鳴る人も多かろう 何にしても休日感濃厚なので愉しめる 因みにわたしのお気に入りは”二人の愉快な薄汚い奴”  しかし銘記すべきは冒頭の”クラリネット五重奏曲”だろう ’23年オリジナル版とあるが 一般的と言われる’54年版を知らないから違いがわからない 聴けばこれも面白い 実験的でもあり叙情的でもある 歪といえば歪だが魅力ある逸品だ そして何より嬉しかったのは”さまよえるオランダ人”序曲のパロディーが聴けたことだ 憧憬と揶揄皮肉が綯い交ぜになったヒンデミットの素顔を覗いたようで妙に気恥ずかしくそして面白い お聴きになっては如何 

    風信子 さん |60代

    0
  • ヒンデミットのサクソフォン作品と言っても 他楽器と...

    投稿日:2017/10/25

    ヒンデミットのサクソフォン作品と言っても 他楽器と置き換えてだったり編曲だったりでオリジナル曲は”コンチェルトシュトック”くらいか ホルンや弦楽の四重奏がそっくりサックスに置き換えられてもいる 作品として充実している点からもピアノが加わる”ヘッケルフォーン・トリオ”や ”アルトホルン・ソナタ”は聞き応えがある オリジナルの楽器とはまた一風変わった味が出て面白い 演奏も精妙で愉しめる 後半の7曲からなる”電気機械”が作品名辞典にも発見できずオリジナルか否かも判然としない 最後は”ミニマックス”からの数曲で締めくくるのは憎い ドナウエッシンゲン音楽祭で演奏するために弦楽四重奏用に書いた冗談音楽 軍楽隊のレパートリーをパロディー化している ここではスッペの”詩人と農夫”とタイケの”旧友”が登場する サクソフォンのソノリティは風刺色が濃く出て弦楽以上に滑稽で面白い 吹奏楽に通じている人は一層愉しめる お聴きになっては如何

    風信子 さん |60代

    0
  • 職人的なヒンデミット作品はすべて手堅くできています...

    投稿日:2017/09/24

    職人的なヒンデミット作品はすべて手堅くできていますが、深い感銘を長く心にとどめるような名曲が少ないように思えます。このピアノ協奏曲集は部分的には魅力的な箇所も散見され、水準は低くないと思います。

    テリーヌ さん |60代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%