ヒンデミット(1895-1963)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Cello Concerto, Cralinet Concerto: Machula(Vc)Pieterson(Cl)Kondrashin / Concertgebouw O

ヒンデミット(1895-1963)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KTC1006
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ヒンデミット(1895-1963)に関連する商品情報

  • アマール四重奏団によるヒンデミット弦楽四重奏曲全集 ヒンデミット生誕100年の1995年に、フランクフルトのヒンデミット協会からアマール四重奏団の名前を贈られた現代の「アマール四重奏団」による全集録音のボックス化。ということです。 HMV&BOOKS online|2017年1月16日(月)
  • フィッシャー=ディースカウの指揮 1995年に録音されたヒンデミット作品集。ダンス・パントマイム『悪魔』と、室内音楽第1番と第2番、『エロディアード』を収録しています。 HMV&BOOKS online|2016年7月17日(日)
  • ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ集 SACDハイブリッド。ドイツのヴィオラ奏者、クリスティアン・オイラーによるヒンデミット・アルバム。ヴィオラ奏者でもあったヒンデミットは、ヴィオラのために数多くの作品を書いています。 HMV&BOOKS online|2016年3月29日(火)
  • エッシェンバッハ指揮北ドイツ放送響によるヒンデミット 『画家マティス』と交響曲変ホ長調を収録。ONDINEレーベルへのヒンデミット第2弾。五嶋みどりをソリストに迎えたヴァイオリン協奏曲を含む前作は、2014年のグラミー賞を受賞し話題となりました。 HMV&BOOKS online|2015年11月30日(月)
  • タベア・ツィンマーマンによるヴィオラ名曲集 SACDハイブリッド盤。名手ツィンマーマンが、ヴィオラの名曲を演奏。グラズノフのエレジーやコダーイのアダージョなど素晴らしいヴィオラ音楽を味わえます。 HMV&BOOKS online|2015年3月8日(日)
  • ヒンデミット:様々な楽器とピアノのためのソナタ集 メルニコフのピアノに全篇を通して耳が釘付け。ゲストも、イサベル・ファウストを始めとする豪華な顔ぶれ。 HMV&BOOKS online|2015年1月22日(木)

協奏曲 に関連する商品情報

  • ヴラド・ウェーフェルベルヒ/モーツァルト:クラリネット協奏曲、他 歴史的クラリネットと、現代のバス・クラリネットのスペシャリストであり、アントワープの王立音楽院でバス・クラリネットを教えるウェーフェルベルヒが、バセット・クラリネットを演奏したモーツァルト:クラリネット協奏曲の吹き振り。 HMV&BOOKS online|1日前
  • 新装再発売!インマゼール/ピアノ協奏曲全集(10CD) 1990〜91年録音。インマゼールの代表盤のモーツァルト:独奏ピアノのための協奏曲全集(編曲作品である第1番〜第4番、複数ピアノのための第7番、第10番を除き、第27番までとロンド K.382〔第28番〕を加えた22曲)が、新装再発売!完全限定生産。 HMV&BOOKS online|2日前
  • クリストフ・エス/モーツァルト:ホルン協奏曲集 2007/2008年シーズンからバンベルク交響楽団の首席ホルン奏者を務めているクリストフ・エスによるモーツァルト:ホルン協奏曲第1〜4番。カップリングは、ノルウェーの作曲家トリグヴェ・マドセン[1940-]の『モーツァルトと4人のホルン奏者と共に旅への誘い』。モーツァルトを引用した作品です。 HMV&BOOKS online|4日前
  • イダ・ヘンデル、協奏曲ステレオ・ライヴ録音集(3CD) 完全初出で、全てステレオ録音!スウェーデン放送交響楽団との共演で、ブラームス、シベリウス、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲などを収録。指揮もコンドラシン、ヴェラー、セーゲルスタムと豪華です。 HMV&BOOKS online|5日前
  • リュビモフ、パシチェンコ他/ドゥシェク:作品集 ドゥシェクの『2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 変ロ長調 Op.63』、『ピアノ五重奏曲 ヘ短調 Op.41』、『ピアノ、ヴァイオリンとホルンのための協奏的ノットゥルノ 変ホ長調 Op.68』を収録。 HMV&BOOKS online|5日前
  • リトヴィンツェヴァ/ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 1986年生まれのピアニスト、エカテリーナ・リトヴィンツェヴァの最新盤は、ブラームス:ピアノ協奏曲第1番。伴奏は、ヘリベルト・バイセル&ボン・クラシック・フィルハーモニー。 HMV&BOOKS online|2018年11月9日(金)

おすすめの商品