ヒロシの自虐的幸福論 だいわ文庫

ヒロシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784479307532
ISBN 10 : 4479307532
フォーマット
出版社
発行年月
2019年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ヒロシ ,  
追加情報
:
219p;16

内容詳細

昔、お店に書いたサインはもう飾られていませんでした―。モテたい一心で芸人となったヒロシは忙しい日々から一転、テレビから逃げ出した。売れても手に入らなかった“幸福のありか”をひとりで見つめて探して辿り着いた新境地とは!?薪の燃え方がひとつひとつ違うように、人にもそれぞれの生き方がある。ソロキャンプで人気ユーチューバーとなった芸人が、ネガティブの中にあるかすかな幸せを、珠玉の一言とエッセイで綴る。蛭子能収との自由過ぎる人見知り対談も収録。

目次 : 第1章 劣等感との付き合い方―ヒロシです。芸能の神様のお守りを5個も持っていますが、ごらんのとおりです。/ 第2章 モテない男の恋愛論―ヒロシです。告白してないのにふられました。/ 第3章 働くのがいやな人へ―ヒロシです。7つも下の人に「ため口でいいよ」と言われました。/ 第4章 がんばれないときもある―ヒロシです。ホームレスのおじさんから「俺の若い頃にそっくりだ」と言われました。/ 第5章 ネガティブでもいい―ヒロシです。テレビ局で会う人から二度見されました。/ 人見知り対談 蛭子能収×ヒロシ―日本の孤独を引き受けた2人

【著者紹介】
ヒロシ : 芸人兼ソロキャンプユーチューバー。1972年熊本県生まれ。「ヒロシです。」からはじまる自虐ネタで一世を風靡。現在は「FOREST COFFEE」を経営しながら、趣味であるソロキャンプを、動画で配信(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Anemone さん

    芸人兼ソロキャンプユーチューバーであり経営者でもあるヒロシ。「大人が子どもにしたことは、大人は覚えていない」「失礼な人にいちいち傷つかない」「初めて使うシャンプーのよさに感動するが、使い終わる頃には感じなくなっている」のあたりに共感しつつ、「あわよくば」の精神で。にそうだよねと思いつつ。

  • きあら さん

    題名に1ページとそのエッセイが1ページ(くらい)の2ページ(くらい)で書かれたエッセイ。その内容に共感してしまうのと、ちょっと長めのネタの様で楽しい♪ ヒロシさんは、自虐的だがしっかりとした考えを持っているので、幸福を論じられるのだと思う。

  • 奏市 さん

    先日読んだ『ニュータイプの時代』を地で行く人なんだろな、著者のような人が。文庫のためのあとがきであるように、色んな種を蒔き、例えばキャンプ動画が当たり、現在大売れしていた頃と同じ忙しさとの事。「楽しいことを継続していれば、それが仕事につながる時代になってきている気がします」楽屋挨拶行くか行かないか、著者大変だろうなぁ、読んでるだけで胃がキリッとする。その点蛭子さんは行かないって決めてて、怒られもしない、まだ楽なポジションなんだろな。「ホームレスのおじさんから「俺の若い頃にそっくりだ」と言われました。」

  • ゆに さん

    私はお笑いが好きだ。でも、この頃、人を馬鹿にして騒ぐのがどうにも苦手。どうでしょうはいいけど、ロンハーとか見てられない企画の時も多い。ヒロシさんのネタは他人を傷つけない。愚痴でもなくて、客観視したおかしみのようなものが洒脱。逃げるが勝ちの章は圧巻でした。イジメが蔓延してたり、パワハラを止めないような同僚、上司しかいない職場からはさっさと逃げればよかったんだ。

  • ベローチェのひととき さん

    ヒロシが書いたエッセイ集。60項目の内容と蛭子さんとの対談で構成されている。ヒロシが人気のユーチューバーになっていることは知らなかった。書かれている内容はだいたい予想していた範囲内の内容であり、驚く様な内容はあまりなかった。蛭子さんとの対談は面白かった。二人の興味があることが、まったく異なっている点が面白い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品