ひとりで生きていく

ヒロシ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784331522622
ISBN 10 : 4331522628
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
ヒロシ ,  
追加情報
:
191p;19

内容詳細

YouTube「ヒロシちゃんねる」チャンネル登録者数50万超!
今、ヒロシが注目されている理由が、ここにある!

50歳、未婚。彼女、友達なし。
そんなヒロシが、群れずにつながらずに生きることが、
どんなにラクで、楽しいものか――それを本書で明かす。

・人づきあいが苦手。
・同級生や同僚と、どう関わっていいかわからない。
・モテない自分、結婚できない自分に焦る。
・嫌いな人と極力、関わりたくない。
・老後がただただ不安。
・それでも、自分なりに楽しく生きていきたい……。

そう感じている人は、とても多い。

だから、ヒロシは本書で伝えている。

「ひとりで生きていく」

これこそが、ヒロシが50年間、妬んだりひがんだりしながらたどり着いた、
居心地のいい生き方だ。
そして、そういうヒロシの生き方から、勇気や力をもらう人がとても多い。
本書を読み進むうちに、ちょっと笑ったり、せつなくなったりしながら、
きっとあなたなりの大切なヒントが得られるでしょう。

第1章 人間関係は流動的なものと考える
第2章 ひとりで生きられる場所に逃げる
第3章 ひとりで死ぬためのお金の話
第4章 人生がときめく、ひとりぼっちの暇潰し

著者について
芸人兼ソロキャンプYouTuber
1972年、熊本県出身。本名、齊藤健一。九州産業大学商学部商学科卒。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。俳優としても映画『転校生 さよならあなた』『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(共に大林宣彦監督)に出演。現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)。 著書に、シリーズ50万部を突破した『ヒロシです。』『ヒロシです。2』(共に扶桑社)、『ヒロシです。華も嵐も乗り越えて』(東邦出版)、『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』(大和書房)、ヒロシの日めくり『まいにち、ネガティブ』(自由国民社)、『今日のネガティブ』(SBクリエイティブ)、『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』(講談社)などがある。

【著者紹介】
ヒロシ : 芸人兼ソロキャンプYouTuber。1972年、熊本県出身。本名、齊藤健一。九州産業大学商学部商学科卒。ピン芸人として「ヒロシです。」のフレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。俳優としても映画に出演。現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営しながら、お笑いライブなどの活動を続けている。また、2015年3月よりYouTuberとして「ヒロシちゃんねる」を配信。自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集める。チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年10月時点)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゼロ さん

    芸人・ひろしがひとりで生きる方法を書いています。一発芸人であった彼が、冒頭で一発はないと言い切るのが良いです。ひとりでいきることを肯定しています。芸能界で群れずに、飄々と生きるのは難しいと思います。それでもストレスがない生き方をするために、ソロキャンプを始めたり、YouTubeを始めたりと、自分らしく生きています。お金のかからない趣味を見つけ、没頭する。できるようでできないのかもしれませんが、あんまり気にせず、自分のペースで生きるのが大切だと感じました。

  • ひらちゃん さん

    今いる場所で無理に咲こうとしなくてもいいっていうのは共感です。群れなくていい。媚びなくていい。ずっとそうだったのだろうけど、変わらずでいられるのは強みかな、と。ある程度の年齢になるとあるがままでいいと思えるようになりますね。

  • Tadashi_N さん

    卑下も開き直りもない、積極的なお一人様のススメ。一人は必ずしも悪ではない。

  • じょり さん

    とても気軽に読めた。ところどころひねくれているなぁと感じる部分もあったが、それは僕も同様なので、共感できる部分もあった。こんな僕でもある程度関わってくれる友達がいるので、そこは大事にしながらもう少し気楽に生きていこうと思った。転職考えるのもいいんだろうな。

  • 禅 さん

    「ヒロシです。」一発屋芸人からストレスフリーなソロキャンパーに変身しYouTubeで有名な人になっていた。自虐ネタが多い中、激しく同意できる部分としょうもないと蔑んでしまう両極端な内容だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品