ヒュー・ロフティング

人物・団体ページへ

ドリトル先生アフリカへ行く

ヒュー・ロフティング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784801922235
ISBN 10 : 4801922236
フォーマット
出版社
発行年月
2020年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
199p;19

内容詳細

100周年記念エディション!なつかしくてまったく新しい、ドリトル先生と動物たちの大冒険。完全新訳。ひとりで読むなら小学校3年生から。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひらちゃん さん

    子供の頃より大人になってからの方が、面白く感じるのは何故なんだろう。魅力的なドリトル先生が誕生した訳。著者本人のイラスト。読みやすく親しみやすい。永い時を経たからこそ、書き直す部分も出てきたことにも納得。

  • ツキノ さん

    (E-255)このおはなしが生まれて100年。息子が手を入れて差別的な表現と絵がなくなった。その表現のため、アメリカでは図書館でも書店でも置かれていなかったとのこと(解説に詳しい)。その他は挿絵も含め変わっていない。新訳で読みやすい。岩波少年文庫の井伏鱒二の訳もそれはそれで残しておきたいけれど。お金に無頓着なドリトル先生、動物たちに助けられたり、助けたり。おもしろさ、変わらず。

  • とし さん

    映画鑑賞記念。こどもの頃、ドリトル先生は読むの続かなかったんだよな。ドリトル先生よりも動物たちの方が俗世に生きている。

  • たこい☆きよし さん

    子供の頃縁がなく、初めて読んでみたドリトル先生。こういう物語だったのか! 動物とお話しできる、というけど、通訳役のオウムを介して、それぞれの動物の言葉をちゃんと学習で身につける、タイトルのアフリカ行きの理由はサルに蔓延した感染症への対策。その対策も予防薬と患者の隔離と地に足がついてる。犬がにおいでもの探しする時、風が湿っていた方がいい、って、人間が検出器になる匂い嗅ぎGCのノウハウと一致するし、そう思うと犬の人探しも意外と科学的な捜査っぽい。こういう考え方とかに子供の頃から触れておくのは重要かもしれない。

  • みさこ さん

    いまさらながら読んでいなかったことに気づいたので

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヒュー・ロフティング

1886年生まれ。イングランド人の父とアイルランド人の母を持つイギリス人。第1次世界大戦では西部戦線で戦い、けがをした軍用馬が治療も受けずに銃殺されるさまに心を痛め、動物のことばが話せて動物を助けるジョン・ドリトル先生の物語を自分の2人の子どものために書きはじめる。1923年、シリーズ第2弾の『ドリ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品