新・恐竜論 地球の忘れものを理解する本

ヒサクニヒコ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569633343
ISBN 10 : 456963334X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
追加情報
:
207p;22

内容詳細

恐竜のことを知りたい、恐竜が好きなすべての人に。恐竜の“常識”が大きくかわった。無言の化石が、生命と進化の謎を語りはじめる。人生観を変えるほどの「恐竜たちの真実」がここに明かされる。

【著者紹介】
ヒサクニヒコ : 1944年、東京に生まれる。66年、慶応義塾大学卒業。72年、第18回文春漫画賞受賞。漫画、挿絵、イラスト、絵本、童話、エッセイ、旅行ルポから、テレビの紀行番組のレポーターやラジオのレギュラーまで、多彩に活躍。野生動物や恐竜の研究でも数多くの著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Waku_W さん

    論という割にあまり論じてはいない。 概ね、今現在、恐竜に関してはこんな感じだけど ほとんどわかってないしどんどん変化していきますてきな、 文体も少々読みにくかった。

  • 古隅田川 さん

    鳥の先祖はジュラ期に恐竜から枝別れしたそうだ。そうすると、白亜期には鳥と恐竜が共存していたことになる。恐竜は滅んだのに、 鳥が生き残ったのはなぜだろう。問題提起の一冊。恐竜の分類・呼び名が難しいので二度読むことをおすすめします。

  • tomatona さん

    わかりやすい! 面白い!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヒサクニヒコ

1944年東京生まれ。慶応義塾大学卒業。漫画やイラスト、絵本の執筆を多数手がける。1972年、第18回文春漫画賞を受賞。恐竜研究家としても知られ、日本から海外まで、各地の発掘現場や博物館をたずねている。公益財団東京動物園協会評議員を務めるなど、動物関係にも造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品