LPレコード 輸入盤

『束の間の音楽』 プルハール&ラルペッジャータ、ジャルスキー、ヴィス、他 (2枚組/180グラム重量盤レコード)

パーセル(1659-1695)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029525084
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

ラルペッジャータは2000年に結成されたテオルボ奏者クリスティーナ・プルハーが指揮を務めるバロック・アンサンブル。メンバーは今日を代表するヨーロッパの ソリストで、加えて彼らは著名なバロック歌手や古典音楽とのコラボレーションも行っています。ほとんど知られていないレパートリーを蘇らせること、主に17世紀初頭のイタリアやナポリの音楽に重点を置いています。ラルペッジャータの音楽のベースとして挙げることができるのは即興演奏、古典音楽に 影響を受けた歌唱法の進化に重点を置いた既存のものとは異なるアプローチ、魅力的なステージを造ることが特徴的で、世界中で高い評価を得ています。この最新アルバムでは、ゲスト歌手としてフィリップ・ジャルスキー、ドミニク・ヴィス、ヴィンチェンツォ・カペッツートの3人のカウンターテナーが起用されているのも注目。単なるパーセルの作品をそのまま歌うのでは無く、古楽器だけでなくピアノやサクソホフォーンなども登場し、即興を含めたジャズの要素を含めた独特なアレンジは現代的で幻想的に感じられるに違いありません。

【収録曲】
ヘンリー・パーセル:『Twas within a furlong』『Music for a while』『Strike the viol』『An Evening Hymn on a Ground』『In vain the am’rous flute』『A Prince of glorious race descended』『O solitude, my sweetest choice』『When I am laid in earth』『Wondrous machine』『Here the deities approve』『Ah! Belinda』『Hark! how the songsters of the grove』『One charming night』『Man is for the woman made』『O let me weep (The Plaint)』『Curtain Tune on a Ground』/ ボーナストラック:レナード・コーエン:『Halleluja』

【演奏】
フィリップ・ジャルスキー(カウンターテナー),
ラケル・アンドゥエサ(ソプラノ),
ヴィンチェンツォ・カペッツート(カウンターテナー),
ドミニク・ヴィス(カウンターテナー),
ラルペッジャータ(器楽アンサンブル),
クリスティーナ・プルハー(指揮&テオルボ),

【録音】2013年6月、パリ、サル・ビザンティン(デジタル:セッション)

(メーカーインフォメーションより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
認めたくありません。こんなのパーセルの音...

投稿日:2017/06/27 (火)

認めたくありません。こんなのパーセルの音楽ではなく、ジャズです。これは、バロック音楽としてではなく、ジャズとして聴くべき音楽です。 

雑食系依存症の男 さん | 和歌山県 | 不明

1
★
★
★
★
★
パーセルの音楽が好きで、この作品を求めた...

投稿日:2015/04/03 (金)

パーセルの音楽が好きで、この作品を求めた。初めて聞いた時は、3分も聞いてられないと思った。が、日が経つに連れ、なにか気になってきて、聞いてみた。いまは、一日に何度も聞かずにおれない、一種中毒気味である。演奏としては、自由で、ジプシーのようなところがあるが、裏には不気味な理性の錘りが下がっているように感じる。CDの紹介のところで、サックスが出て来ると書いてあるが、これは間違いで、これはアルトクラリネットを聞き間違えたのであろう。もちろん、CD附属の出演者のところにはクラリネット奏者の名前も写真も出ているし、また文句なしにうまい。十分贅沢な出演者であるが、さらにおねだりを許していただけるなら、一曲でもいいから、この団体の常連歌手であるところのヌリア・リアルの歌うパーセルも聞きたかった。

変ロ長調 さん | 京都府 | 不明

3
★
★
★
★
★
またまたプルハールに脱帽です。こんなに素...

投稿日:2014/03/10 (月)

またまたプルハールに脱帽です。こんなに素敵なパーセルは聴いたことがありません。わくわくする面白さです。ジャンルをいとも簡単に越えてしまう自由闊達さ。本当に聴いていて楽しいCDです。ヴォーカル陣も良いのですが、コルネットの響きがまた良いですね。このパーセルを生演奏で聴いてみたいです。

りょう さん | 東京都 | 不明

2

パーセル(1659-1695)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品