パリー、ヒューバート(1848-1918)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲全集 バーメルト&ロンドン・フィル(3CD)

パリー、ヒューバート(1848-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHAN9120
組み枚数
:
3
レーベル
:
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ブラームスが作ってはみたが気に入らず発表...

投稿日:2012/02/29 (水)

ブラームスが作ってはみたが気に入らず発表しなかったような作品。技術的には良く出来ているとは思うが、印象的なメロディとかも殆ど無く、芸術的にはどうだろうかな・・。そのあたりが今日に於いても殆ど取り上げられることの無い好事家向きの作品なのかも知れない。 フルトヴェングラーの交響曲集よりかは良いと思う。

山葵 さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
エルガーの先輩にあたるイギリスの作曲家。...

投稿日:2011/12/15 (木)

エルガーの先輩にあたるイギリスの作曲家。 交響曲第1番はエルガーの作品以上に素晴らしいと思う。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
エルガー以前のイギリスのロマン派シンフォ...

投稿日:2010/04/24 (土)

エルガー以前のイギリスのロマン派シンフォニストとしては、彼とスタンフォードがいますが、どちらも交響曲として素晴らしい物を残しているにもかかわらず、今日まで決して高く評価はされていません。 これはそんなパリーの交響曲全集です。エルガーまで繋がるイギリスのシンフォニーとしての価値どころではなく、どれも素晴らしい作品です。作風としては非常にクリアで心地よい管弦楽法と和声が作品全体を支配し、力強い旋律も素晴らしい。後期ロマン派としては明快な作品ぞろいですので(ここが逆に評価されなかった一因か?)、非常に聴きやすく吐き気のするような濃いロマン色も見受けられません。特に三番が素晴らしい。音楽を聞いてすっきりとしたい時にオススメです。演奏もさすがはLPOといった感じ。

Seiru さん | 千葉県 | 不明

4

パリー、ヒューバート(1848-1918)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品