パトリシア・ハイスミス

人物・団体ページへ

イーディスの日記 下

パトリシア・ハイスミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309461106
ISBN 10 : 4309461107
フォーマット
出版社
発行年月
1992年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
275p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • GaGa さん

    映画の原作者としては、よく知ってはいるが、案外読んだことのないP・ハイスミス。これは、新居に越してきた主人公の女性が、現実の中で苦しみ、日記の世界に救いを求めるというサスペンス。割とイライラします(笑)特に働かない(働こうとしない)一人息子が。しかし、訳者あとがきでは、他の作品はもっとサディスティックとのこと。そうなのか!?

  • h さん

    「実生活でのイーディスは不幸だった。彼女が殊更それを強く感じるのは、例えば一月の終わりに、凍った土を押しあげる黄水仙を見た時だった。いったい何のためにそんな努力をするのだろう?また次の春がやってくるのだと彼女は思った。だが、いったい何のために?(中略)自然には独自の周期があり、彼女はそれに取り残されたような気がした。理性的に考えている時は、こんなことを考えているから余計気が滅入って不幸になるのだとわかるのだが、その考え自体には確かに真実が含まれているのだから、彼女がそのように思ってなんの不思議があろう?」

  • シェル さん

    真綿で首を絞められるように悪くなっていくイーディスの人生。生きる意味を見出せず、日記に執着していく様は他人事とは思えなかった。どんな人間も現実から逃げ出すことはあるだろう。その対象は趣味だったり読書だったり。時代的な背景があるんだろうけど、イーディスがジョージの面倒を見続ける意味がわからない。ブレッドの親戚なんだから引き取れよと思ってしまった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

パトリシア・ハイスミス

1921年、テキサス州生まれ。45年に「ヒロイン」が雑誌掲載され作家デビュー。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。サスペンスの巨匠として多くの作品を発表。生涯の大半をヨーロッパで過ごした。1995年、没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品