パトリシア・ハイスミス

人物・団体ページへ

ふくろうの叫び

パトリシア・ハイスミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309460833
ISBN 10 : 4309460836
フォーマット
出版社
発行年月
1991年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
358p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • eirianda さん

    底意地の悪さを描くの上手いな。人間ってこんな気持ち持ち合わせているって思う。今ならハラスメントで槍玉にあげられる類いの…立場、状況、相手によって貶めずにはいらない。で行くところまで行っちゃう。周りの反応も、ネットリンチみたい。極端な登場人物ばかりと思う人の方が、自分の内なる悪を見ないようにしてる、とここまで思う私もパラノイアの女王の下僕なのだわ。心弱い主人公もヒロインも悪者の元妻と元彼も、すべてハイラインの中にいるはず。ラストがまた後味悪いし!いい意味で。

  • mak2014 さん

    『太陽がいっぱい』が映画のイメージとの違いに戸惑ったこともあり、なじめず、十数年ぶりのハイスミス2作目。ミステリー、サスペンスというより昼ドラ的4人の男女の愛憎関係ドラマ。読み終わってから気付いたが4人揃うことはないんだ。男女の憎しみあいと50年くらい昔のアメリカの郊外の人間関係の煩わしさ、人の目のうるささが描かれていてとてもおもしろく(楽しくはないけど)読めた。また今度ハイスミスを読んでみたい。

  • けいちゃっぷ さん

    ハイスミスは「かたつむり」という短編を読んだ覚えはありますが『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などの作者なのですね。 心理サスペンスなのだろうか、もたつきながらも先が見えない展開。 主人公ロバートの妻だったニッキーが強烈すぎて思わず笑ってしまった。 果たして病んでいたのはロバートだけだったのだろうか。 多分、全員が病んでいたのだな。 358ページ

  • のじ さん

    ハイスミスを久々に何冊か読んでみようって気になって、かなり久しぶりに再読。やたらと突き抜けた変な人がわんさかと出てくるんだけど、けっこういそうな気もするキャラクターなのがすごい。主人公の元妻はもんのすごく嫌なヤツなんだけど、なぜ結婚したのかとすごくモヤモヤする。警察も役立たずぶりが突き抜けてて、大丈夫なのかそれで?と思ったりするが今もアメリカではこんな感じなんだろうか。こわい。久々に読んだけどやっぱり面白かった!他のも読んでみるかもー。

  • じゅん さん

    ★★★★☆いまのところ、わたしが読んだなかでいちばんおもしろかったハイスミス作品がこれ。いまで言うイヤミスで、ストレスフルな展開がたまらないほど楽しい。ヒロインとの異常な接触から関係が深まっていくにつれて、主人公の周辺で足の引っぱり合いがはじまり、これがとにかくすごい。最強なのが主人公の元妻で、ひたすら主人公を陥れようとする悪意がすさまじい。誤解が疑惑を呼ぶ悪夢のような展開はハイスミスの真骨頂で、しかもそれが最後のページになっても終わらないから恐ろしい。こういう端整な悪意の波動に触れるとうれしくなります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

パトリシア・ハイスミス

1921年、テキサス州生まれ。45年に「ヒロイン」が雑誌掲載され作家デビュー。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。サスペンスの巨匠として多くの作品を発表。生涯の大半をヨーロッパで過ごした。1995年、没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品